2024-04

小学生勉強情報

【小学生向け】Z会小学生コース、中学受験コースの選択で塾なし成績上位になる方法を紹介

小学生向けに、塾にかよわずZだけで勉強を得意になれる方法を紹介します。1-2年生は小学生コースで学習習慣の形成と知的好奇心の刺激をし、3-4年生は中学受験コースで解法の糸口や語彙を増やし、5-6年生は公立中高一貫コースで思考力・表現力を大きく伸ばします。中学受験しない子もこれで難関受験ができる学力になります。
公立中高一貫入試

【千葉の公立中高一貫校の対策】稲毛国際中等教育学校の出題傾向と対策、偏差値、進学実績、選抜方法など

千葉市立稲毛国際中等教育学校に合格するにはどうすればいいか、適性検査や面接の対策を紹介します。資料問題や論理性を問う問題がたくさん出てきます。日ごろから地図やグラフ・表の読み取りを行い、慣れておきましょう。また、私立中入試のような特殊算を使う問題は出てきませんが、勉強しておくと正解を取りやすくなります。
公立中高一貫入試

【千葉の公立中高一貫校の対策】千葉県立東葛飾中学校の出題傾向と対策、偏差値、進学実績、選抜方法など

千葉県立東葛飾中学校に合格するにはどうすればいいかを、適性検査や面接の過去問をもとに傾向と対策を紹介します。資料問題や論理性を問う問題が出てきます。日ごろから地図やグラフ・表の読み取りを行い、慣れておきましょう。また、算数や理科などの知識問題や基本的な計算問題も多数出てきます。小学校で習う内容を得意にしておきましょう。
公立中高一貫入試

【千葉の公立中高一貫校の対策】千葉県立千葉中学校の出題傾向と対策、偏差値、進学実績、選抜方法など

千葉県立千葉中学校に合格するにはどうすればいいかを、適性検査や面接の過去問をもとに傾向と対策を紹介します。資料問題や論理性を問う問題が出てきます。日ごろから地図やグラフ・表の読み取りを行い、慣れておきましょう。また、算数や理科などの知識問題や基本的な計算問題も多数出てきます。小学校で習う内容を得意にしておきましょう。
大学入試

医学部小論文でよく出るテーマは何か:対策の仕方やおすすめ参考書も紹介します

医学部志望の高校生・浪人生向けに、医学部小論文でよく出るテーマをまとめ、対策の仕方や参考書を紹介します。医師としての資質や医療情報に関する出題が多く、論理性・客観性のほかに共感力のある人柄かどうかも見られています。医学部入試で小論文を課す理由も3つ紹介しているので、今後の小論文対策にぜひ活かしてください。
大学入試

医学部小論文の参考書:推薦入試や後期入試の小論文対策向け(書き方・構成の練習、医療ネタ本など)

医学部志望の高校生・浪人生向けに医学部小論文の参考書を紹介しています。河合塾の『医学部の小論文』をはじめ、『ネタ本』や全国の医学部小論文の入試問題を集めたものまで、全部で9冊です。書き方や構成に注意し、医療ネタを収集しておきましょう。医学部の小論文で求められる力や、小論文対策はいつから始めればいいかも紹介しています。
中学生

【中1理科の一問一答問題】植物のつくり、エンドウ・マツ、子葉・葉・根などテストによく出るポイント

中1理科の「植物のつくり」の範囲(エンドウ・マツの花、子葉・葉・根の特徴など)でテストによく出る問題をまとめ、頻出ポイントを解説します。植物は被子植物と裸子植物に分かれており、被子植物はさらに双子葉類と単子葉類に分かれています。葉脈の種類や根のつくりはテストで間違いやすいポイントです。問題集を何度も解いておきましょう。
中学受験の勉強法

小論文と作文の違い:文章の書き方や目的、構成の違いを例文つきで説明

小学生・中学生・高校生向けに小論文と作文の違いを例文を使って説明します。中学入試・高校入試・大学入試では小論文や作文を書く問題がよく出てきます。小論文は意見を伝えるので客観的に書き、作文は感情を伝えるので主観的な書き方をします。小論文・作文は入試で高得点を取って逆転合格をねらえる重要なパートです。
大学入試

小論文の参考書:高校生向けに小論文の構成や書き出しが分かりやすいものをピックアップ

高校生向けに小論文の参考書を紹介します。総合型選抜や学校推薦型選抜、国公立の一般入試後期で小論文を使うケースが多いです。入試の3か月前、遅くとも1か月前からは小論文対策をはじめましょう。ここで紹介した参考書のなかでも、小論文のネタ本や小論文のおきて55などは小論文入試で必須と言っていいでしょう。
小学生勉強情報

Z会小学生コースの進め方:自主性や考える力を伸ばせる問題の特徴を紹介

Z会小学生コースを検討中の方向けに、小学生コースの特徴や学習の進め方を紹介します。Z会では「考えて解く習慣」を養い、自主性や論理性を伸ばすことができます。難しい問題もありますが、教材に書かれているヒントを使えば基本知識を活用して解ける問題がほとんどです。5教科を月4000円~1万円未満で受講可能です。