satoru

中学受験の勉強法

中学受験をやめたいと思ったときどうするか:やめどきや撤退の見極め基準3つと、やめた後にすること

中学受験を5年生でやめる人が多いです。 ・偏差値40以下 ・子どものモチベーションが低いまま ・親が子どもの塾の板挟み状態 こうなったら高校受験対策に切り替えるほうがいいかもしれません。受験をやめた後はモチベーションが下がらないように次の目標に向けて行動を開始しましょう。
中学受験ー塾

中学受験の転塾はいつまでがいい?おすすめのタイミングや成績があがる塾を選ぶポイントを紹介!

中学受験対策で塾に通っているけど、成績が上がらない。こういう場合、転塾するなら小5の夏前までがおすすめです。塾のカリキュラムとお子様の志望校のミスマッチ、塾が求める学習習慣とお子様の学習習慣のミスマッチに注意すると、成績のあがる塾を選びやすくなります。
中学受験の勉強法

5年生から中学受験、塾で間に合う?おすすめの勉強方法・勉強スケジュールと親のサポート方法

中学受験対策として塾にかよいはじめる人が1番多いのは3年生の2月です。5年生からのスタートだと、3年生からはじめた子に比べて2年間も遅れを取っています。この状況から逆転で志望校合格を取れる勉強方法と学習スケジュール、保護者の方によるサポート方法をお伝えします。
中学入試情報

【2023年度】関西圏の私立中学入試情報(大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良)と塾通いの状況

志望校を決めるのに気になるのは、やはり中学・高校の教育環境です。関西の私立中学は毎年新たにコースを設置したり大学と提携をしたりと、さまざまな工夫をしています。どのような私立中学があるのか、その私立中学に合格するにはどれくらいの学力が必要なのかを一覧にしました。志望校を決める際の参考にしていただければ幸いです。
中学入試情報

2023年度首都圏私立中学の入試情報:各私立中学の偏差値、日程、科目、配点の一覧

志望校を決めるうえで、やはり中学・高校の教育環境は気になります。首都圏の私立中学は年々競争が激化しており、各中学は生き残りをかけて毎年さまざまな工夫をしています。どのような私立中学があるのか、その私立中学に合格するにはどれくらいの学力が必要なのかを一覧にしました。志望校を決める際の参考にしていただければ幸いです。
中学受験の勉強法

中学受験するかしないか:中学受験のメリットは?高校受験との比較を紹介

中学受験をするかしないか迷ったら、「公立中学と私立中学の違い」「中学受験と高校受験の違い」で検討されるのがおすすめです。高校受験がない、同じ志向性の生徒が集まるといったメリットが中学受験にあります。受験勉強をしておけば、私立中学に進学しなくても学習習慣や学力面で高校受験で役に立ちます。
中学受験の勉強法

中学受験の勉強はいつからはじめればいいか:小学校1年生からできる家庭学習の方法を紹介します

中学受験をするなら、幼児や小1から少しずつ始めましょう。学校の先取りをするのはもちろん、早く始めておけば問題がむずかしくなってきたときに学習スピードを下げてもカリキュラムに遅れないからです。