定期テスト

中学生

【中3公民の一問一答問題】市場経済と売買契約:クーリングオフ・消費者契約法、財・サービスなど

中学公民の定期テスト対策として、「市場経済と売買契約」の範囲の問題を一問一答でまとめました。財・サービスとは、支出の種類(消費支出、非消費支出)、消費者の権利を守る制度や法律、流通の合理化の例(直接仕入れ、POSシステム)、給与収入・事業収入・財産収入の違いなど。公民の定期テスト対策におすすめの問題集も紹介しています。
中学生

【中3公民の一問一答問題】地方自治と地方分権:直接請求に必要な署名や請求先など

中学公民の定期テスト対策として、「地方自治と地方分権」の範囲の問題を一問一答でまとめました。直接請求について(必要な署名、請求先)、地方選挙の選挙権と被選挙権の年齢、地方財政の歳入について(自主財源か依存財源か、使い道など)、地方分権、過疎と市町村合併など。公民のテスト対策におすすめの問題集も紹介しています。
中学生

【歴史年表】中学定期テストの歴史得点アップ!安土桃山時代の流れとテスト頻出ポイントを解説!

中学生の歴史の勉強のために、年表を使って安土桃山時代を理解する方法を紹介し、安土桃山時代でテストによく出るポイントを解説しました。用語の理解→時系列での整理→視覚的な整理→背景の理解→頻出ポイントの意識的な復習をしましょう。歴史年表を使えばテストで高得点を取れるようになりますよ!
中学生

【中3公民の一問一答問題】裁判所の仕事:三審制、下級裁判所の種類と役割

中学公民の「裁判所」に関する問題を一問一答でまとめました。下級裁判所の種類と役割、三審制とは何か(三審制の目的は何か)、控訴・上告、司法制度改革の具体例(裁判員制度、法テラス)、被告と被告人の違い、三権分立とは(三権とは)など。社会の定期テスト対策におすすめの問題集も紹介しています。
中学生

中学定期テスト必勝!明治時代の年表をマスターする5つのステップと明治時代のテスト頻出ポイントを解説

中学生向けに、「明治時代の年表」を効果的に使って定期テストで高得点を獲得するための5つのステップを紹介し、テストの頻出ポイントを解説しました。日本は明治維新・文明開化から日清戦争・日露戦争をへて列強の仲間入りを果たしました。この流れを把握しておくとさまざまな出来事を関連付けて、ストーリーで覚えやすくなります。
中学生

【中3公民の一問一答問題】内閣と行政のしくみ:内閣不信任決議の後の流れ、大きな政府と小さな政府など

中学公民の定期テスト対策として、「内閣と行政の仕組み」(内閣の仕事や組織)の範囲の問題を一問一答でまとめました。また、テストによくでる内閣不信任決議とその後の流れ、大きな政府と小さな政府の違いやメリット・デメリットについても説明しています。いずれもテスト頻出内容です。一問一答を覚えた後のおすすめ問題集も紹介しています。
中学生

【中3公民の一問一答問題】国の政治の仕組み(国会):衆議院と参議院の違い、国会の種類など

中3公民「国会のしくみ」の範囲で、定期テストによく出る問題をまとめました。衆議院と参議院の違い、国会の種類と会期、国権の最高機関・唯一の立法機関、国会の主な仕事2つ(法律の制定と予算の審議・議決)、衆議院の優越について(なぜ優越するのか)、委員会・公聴会の違いなど。定期テスト対策用にハイレベル問題集も紹介しています。
中高一貫校

私立中学の勉強についていけない場合の対策:コース落ちや退学をさけるための勉強方法を紹介します

私立中学生やその保護者の方向けに、中学校で勉強についていけなくなったときの対策について説明します。定期テストで欠点が続くとコース落ちしたり、退学勧告されることもあります。中高一貫校のカリキュラムを活かすには勉強の仕方で工夫が必要です。予習・復習のタイミングを変えたり、市販問題集を併用して対策しましょう。
中学生

【中3公民の一問一答問題】現代の民主政治:選挙の基本原則4つ、比例代表制の獲得議席数の問題

中3公民「現代の民主政治」の範囲で、定期テストによく出る問題をまとめました。直接民主制・間接民主制や小選挙区制・比例代表制など定期テスト頻出の一問一答問題、選挙の基本原則4つの説明、比例代表制での獲得議席数を求める問題です。練習問題をもっと欲しい人向けにおすすめの問題集も紹介しています。
中学生

英文法入門:be動詞と一般動詞の疑問文の作り方【例文&練習問題つき】

英語を学ぶ小学生や中学生向けに、英文法の基本である「be動詞と一般動詞の疑問文の作り方」について説明しました。英検5級や中学1年生の定期テストでも重要な範囲です。例文と練習問題を通じて実践的なスキルを身につけ、自信を持って英語を使えるようになりましょう。