英語入試

中学受験の勉強法

【中学受験の英語】幼児期・小学校低学年から家庭で始められる英語学習の仕方

中学受験で英語入試をお考えの保護者の方向けに、幼児期や小学校低学年から家庭でできる英語入試の対策法を紹介します。英語アプリを使って英語に親しみ、英検を受けて「目標に向けて勉強する習慣」をつくりましょう。英語のドリル・問題集も紹介しています。英語での面接を実施している私立中学も多く、スピーキングも伸ばしておきましょう。
中学受験の勉強法

be動詞と一般動詞を使い分ける練習問題:be動詞、一般動詞の現在形と過去形の一覧も掲載

中学英語のbe動詞と一般動詞の使い分けを練習できる問題を作成しました。動詞の現在形、過去形を使い分けを穴埋め問題・並び替え問題・英訳問題の3種類の文法問題で練習できるようにしています。7種類のbe動詞と中1で習う一般動詞の一覧も載せています。定期テスト対策や高校入試対策、英検対策・英語入試対策にどうぞ!
中学受験の勉強法

【中学受験】英語入試の問題のレベルと対策方法:単語・文法・長文のおすすめの対策問題集

中学受験の英語入試の対策方法と対策問題集を紹介しています。英語入試は英検4級から準2級くらいまでの対策が必要です。英検とよく似た出題傾向の学校も多く、英検対策をベースに志望校の過去問を取り入れると効率よく受験対策ができます。過去問を例に出題傾向を紹介していますので、入試をイメージしながら受験対策の参考にしてください。
英検対策

【英検®準2級】筆記試験の出題範囲・レベル・合格率を解説:時間配分などの対策方法を紹介します

英検®準2級はレベルが高く、合格率が35%と狭き門です。筆記試験(一次試験)では単語・文法の正確な知識と解答テクニックの両方が求められます。合格するには大問ごとの点数配分をチェックしておき、時間配分を決めて対策しましょう。準2級を取得しておくと中学入試や高校入試でも役立ちます。
英検対策

【英検®3級】文法の範囲とレベルを解説:出題傾向と合格点からわかる対策とは

英検3級で出題される文法範囲は中学で習う範囲までで、レベルは高校入試程度です。出題傾向が毎回変わらないため、ライティングにコツがあるなど対策をしておけば決して難しい試験ではありません。3級を取得しておけば中学入試の英検優遇制度も利用できます。英検とは何かを解説し、英単語と英文法の勉強法やおすすめの問題集も紹介しています。
英検対策

英検®4級の文法範囲とレベル:リーディング・リスニングの出題傾向に合わせた対策を解説

英検®4級で出題される文法範囲、レベル、合格点、合格率を紹介します。英単語1200語、中2までに習う範囲の文法を勉強し、65%以上取れば合格ラインを越えられます。リーディング・ライティングは出題内容に合わせた対策方法を取ると得点しやすいです。出る順なども活用して計画的に対策しましょう。
英検対策

英検®5級のレベルと文法範囲の一覧:5級の合格点・合格率と対策方法

英検5級のレベルと出題範囲の文法を一覧にして解説します。英検5級は中1程度とされており、65%ほどの得点で合格できます。合格率8割ほどですから、むずかしい試験ではりません。be動詞、一般動詞、助動詞、疑問詞を中心に勉強しておきましょう。大問ごとに時間配分を決めて過去問対策すると効果的に得点アップが見込めます。
小学生勉強情報

小学生向け英語学習ガイド:おすすめドリルと楽しく上達するコツ!

英語入試や英検対策を考えている幼児や小学生の家庭学習におすすめの英語ドリルを紹介します。子どもの興味を引くもので4技能をバランスよく伸ばすようにしましょう。また、小学生が英語学習をするにはコツがいります。子どもに英語力に合うドリルを選び、親子で一緒に学ぶようにしましょう。
中学入試情報

【2024年度】中学入試で英検®が使える神奈川、埼玉、千葉の私立中学一覧:英語入試のレベルや対策方法

私立中学で英語利用入試を導入している学校が急増しています。英検®などの英語資格を所持していると、さまざまな優遇を受けられます。利用するには英検®3級以上が必要です。対象の中学は首都圏では東京が1番多いです。東京以外の首都圏でも多数の中学が導入しており、一覧化しました。ご家庭の教育方針に合う中学校をぜひお探しください!
中学入試情報

【2024年度】中学入試で英検®が使える関西の私立中学一覧:英語に力を入れている私立中学はどれか

関西で英検®を利用して受験できる私立中学をまとめました。同志社香里など英語を話せるようになる私立中学ばかりです。英語利用入試には出願資格・加点・試験免除といった優遇制度があります。英検5級から利用できますが、3級以上の取得がおすすめです。中学から過去問を取り寄せ、英単語を覚え、問題集で文法の実力を上げましょう。