中学受験の勉強法

中学受験算数の伸ばし方と算数で苦労する理由を紹介

多くの中学受験生は算数を苦手にしています。算数は配点もたかく、得意にできれば合格に大きく近づけます。算数でなぜ苦労してしまうのか、どうすれば算数を得意にできるのか。受験算数で苦しんでいる方や、これから本格的に受験勉強をはじめる方向けに、受験算数の伸ばし方を4つお伝えします。
中学受験ー塾

関西の中学受験塾の比較(大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀):塾の選び方を解説

関西の大手中学受験塾5社を紹介します。浜学園、日能研、希学園、馬渕、能開センターの5社です。費用・教材難易度・宿題量・合格実績の4項目で比べています。塾に通いはじめるのは、難関校志望なら3年生の2月、難関校以外なら4年生の2月、家庭での学習が進んでいる子なら5年生の2月がおすすめです。
中学受験ー塾

中学受験塾の比較(SAPIX、四谷、日能研、早稲アカ):塾にいつから通えばいいか

首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)にある大手中学受験塾を紹介します。SAPIX、四谷大塚、日能研、早稲田アカデミーの4つです。各塾の合格実績、教材の難易度、宿題の量、授業料を紹介し、中学受験に向けていつから塾に通うのがいいか説明します。キャンペーンなどの詳細は各塾のHPをご覧ください。
中学受験の勉強法

中学受験をしようと思ったら勉強はいつから本格的にはじめればいいか

中学受験の勉強はいつからはじめればいいか。いつから塾に通いはじめればいいか。中学受験生の2人に1人は3年生までに受験を決定しており、4年生の前後で塾通いをはじめる人が多いです。長期戦になりますから、受験成功は子どものモチベーションアップと子どもの主体性の成長が大きなポイントになります。
中学受験の勉強法

【中学受験】子どもの学習スケジュールの管理方法を解説:親は時間管理や宿題管理をどこまですればいい?

中学受験生の親がしているサポート第1位は「スケジュール管理」です。スケジュール管理をすべて親がしようとすると負担が大きくなりすぎます。それよりも、スケジュール管理に子どもをかかわらせるほうが成績アップにも大きくプラスになります。そのスケジュール作成・管理の方法を紹介します。
中学受験の勉強法

中学受験を塾なし家庭学習のみで成功させられる勉強方法と志望校の選び方を紹介

塾に通わずに中学受験をする人の割合は増えています。自宅学習だけで志望校に受かるには、賢い志望校選びと効果的な勉強法が必要です。保護者の方のサポート・学習習慣の形成・市販教材や通信教育の利用などがあれば、大手の受験塾に通わなくても十分に対応できます。
中学受験の勉強法

中学受験の準備はいつからすればいいか:塾通いをはじめる前に小学校低学年が家庭でできること

中学受験の勉強は4年生から本格的にむずかしく、勉強量も多くなりだします。むずかしい問題を解けるようになる子にするには、理解力やあきらめない姿勢など「3つの力」をつけさせておくのがおすすめです。そのために低学年のうちにご家庭でできる準備方法を紹介します。
中学受験の勉強法

中学受験をやめたいと思ったときのやめどきや撤退の見極め基準:やめた後の影響は?

中学受験を5年生でやめる人が多いです。 ・偏差値40以下 ・子どものモチベーションが低いまま ・親が子どもの塾の板挟み状態 こうなったら高校受験対策に切り替えるほうがいいかもしれません。受験をやめた後はモチベーションが下がらないように次の目標に向けて行動を開始しましょう。
中学受験ー塾

中学受験の転塾はいつまでがいい?おすすめのタイミングや成績があがる塾を選ぶポイントを紹介!

中学受験対策で塾に通っているけど、成績が上がらない。こういう場合、転塾するなら小5の夏前までがおすすめです。塾のカリキュラムとお子様の志望校のミスマッチ、塾が求める学習習慣とお子様の学習習慣のミスマッチに注意すると、成績のあがる塾を選びやすくなります。
中学受験の勉強法

5年生から中学受験、塾で間に合う?おすすめの勉強方法・勉強スケジュールと親のサポート方法

中学受験対策として塾にかよいはじめる人が1番多いのは3年生の2月です。5年生からのスタートだと、3年生からはじめた子に比べて2年間も遅れを取っています。この状況から逆転で志望校合格を取れる勉強方法と学習スケジュール、保護者の方によるサポート方法をお伝えします。