英検3級二次試験の対策方法:問題カードの音読など面接の流れ・会話例・ポイントを解説

英検3級 英検対策
Pocket

「英検®3級の一次試験合格通知が来た!でも二次試験の対策はどうすればいい?」
「リーディングは単語・文法を覚えれば良かったけど、スピーキングの流れや対策方法がわからない」

3級からはじめて本格的に実施される二次試験。流れや対策方法がよくわかりませんよね。

事前に流れがわかっていれば、本番を想定した実践的な対策もできます。

そこで、

  • 英検®3二次試験の当日の流れと回答方法
  • 英検®3級の二次試験の対策方法
  • 二次試験対策のおすすめアプリ

を紹介します。

はじめて3級の二次試験を受ける人もリベンジ受検の人も、事前の準備を万端にしておきましょう!

【下記のバナーは英検対策に特化したオンライン英会話のPRです。Next Stageなどの受験英語問題集で有名な桐原書店による英会話レッスンです。
バナーのリンク先で無料体験を申し込めます。】

英検®3級二次試験の出題内容

3級は一次試験でリーディング・ライティング・リスニングがあり、二次試験でスピーキングがあります。

二次試験のスピーキングは4、5級でもありましたが、合否には関係しない「お試し」で希望者のみ受けられるものでした。

3級ではじめてスピーキングが本格的にはじまります。

日本英語検定協会によると、3級二次試験の出題内容は下記画像のようになっています。

■面接(5分):面接委員1人と受験者1人
形式・課題形式・課題の詳細問題数
音読30語程度のパッセージを読む。1
パッセージについての質問音読したパッセージの内容についての質問に答える。1
イラストについての質問イラスト中の人物の行動や物の状況を描写する。2
受験者自身のことなど日常生活の身近な事柄についての質問に答える。
(カードのトピックに直接関連しない内容も含む)
2
日本英語検定協会をもとに作成

面接は面接官と1:1で行われます。下記の内容を英語で聞かれ、英語で答えます。

  • パッセ―ジ(文)の音読
  • パッセージについての質問
  • イラストについての質問
  • 受験者自身のことなどの質問

英検®3級二次試験の流れ・会話例・ポイント

スピーキングの流れを会話例・ポイントと一緒に説明します(日本英語検定協会に準じて作成)。

入室

係員の指示に従い、面接室に入ります。

入室したら、面接委員に対して挨拶をしましょう。

〈会話例〉

  • Hello.(こんにちは。)
  • Good morning./ Good afternoon.(おはようございます。/こんにちは。)

「面接カード」を渡す

面接委員から「面接カード」を渡すよう指示されます。

指示されたら渡しましょう。

〈会話例〉

  • 面接委員:Can I have your card, please?(カードを渡してください。)
  • 受験者:Here, you are.(はい、どうぞ。)

着席

面接委員の指示に従い、着席します。

〈会話例〉

  • 面接委員:Please sit down./ Have a seat, please.(お座りください。)
  • 受験者:Thank you.(ありがとう。)

氏名・級の確認・挨拶

面接委員が受検者の氏名とこれから受験する級の確認をします。その後、簡単な挨拶をします。

〈会話例〉

  • 面接委員:May I have your name, please?(お名前を教えてください。)
  • 受験者:My name is ~.(~です。)
  • 面接委員:Mr./ Ms. ~, this is the third grade test, OK?(~さん、これは3級のテストです。間違いないですね?)
  • 受験者:OK./ Yes.(はい。)
  • 面接委員:How are you?(調子はどうですか?)
  • 受験者:Great. How about you?(良いですよ。あなたはいかがですか?)

問題カードを受け取る

面接委員からパッセージ(文章)とイラストが印刷された「問題カード」が手渡されます。

〈会話例〉

  • 面接委員:This is your card.(これがあなたのカードです。)
  • 受験者:Thank you.(ありがとう。)

パッセージの黙読(20秒)

パッセージ(文章)を黙読するように指示されます。黙読時間は20秒間です。

〈会話例〉
面接委員:Please read the passage silently for 20 seconds.(20秒間,英文を声に出さずに読んでください。)
受験者:OK./ I understand.(わかりました。)

〈1~6のポイント〉
・面接委員の目を見て話す
・自分の緊張をほぐすことを1番に
※顔をあげて声を大きくすると緊張がほぐれやすいです

パッセージの音読

黙読後、面接委員から音読するように指示があります。指示されたら英語のタイトルから読みあげてください(音読してください)。

〈会話例〉

  • 面接委員:Now, please read it aloud.(では,声に出して読んでください。)
  • 受験者:(パッセージを音読する)

〈ポイント〉

  • 意味のまとまりを意識して読む

パッセージ・イラストについての質問(No. 1~No. 3)

音読の後、面接委員が5つ質問しますので、英語で答えてください。
質問はNo. 1からNo. 5まで5つあります。「問題カード」のパッセージ(文章)やイラストに関する質問はNo. 1~No. 3まであり、「問題カード」を見て答えてもかまいません。

〈会話例〉

  • 面接委員:Now, I’ll ask you five questions. (では,あなたに質問を5つします。)
  • 受験者:英語で解答(パッセージをみてもいい)

〈ポイント〉

  • 主語と動詞のある「文」で答える。「newspaper」のような単語の回答は減点です。
  • 質問を聞き取れなければ、、I beg your pardon./ Could you say that again?1(もう1度お願いします。)
  • 相手の目を見て答える
  • ゆっくり、聞き取りやすい発音で、簡単な英語で答え
  • むずかしい単語や文法を使ってもプラス評価にはなりません。「自分の意図が相手に伝わること」が1番大切です。

問題カードを裏返す

No.3のイラストの状況を説明する質問の後、面接委員から「問題カード」を裏返すように指示されます。これ以降は、「問題カード」を見ずに答えます。

〈会話例〉

  • 面接委員:Please turn over the card and put it down.(問題カードを裏返してください。)
  • 受験者:OK. (はい。)(カードを裏返す)

受験者自身の意見などを問う質問

〈No. 4会話例〉

  • 面接委員:What do you like to do on weekends?(週末には何をするのが好きですか?)
  • 受験者:I like to play tennis.(テニスをするのが好きです。)

〈No. 5会話例〉

  • No. 5は1つの質問に回答してから、重ねて質問されます。
  • 面接委員:Have you ever been to a foreign country?(外国に行ったことはありますか?)
  • 受験者:Yes.(はい)
    ――面接委員:Tell me more.(詳しく教えてください。)
    ――受験者:I’d been to America.(アメリカに行ったことがあります。)
  • 受験者:No. (いいえ。)
     ――面接委員:What country would you like to visit?(どの国に行ってみたいですか?)
     ――受験者:I’d like to go to Mongolia.(モンゴルに行ってみたいです。)

問題カードを面接委員に返す

試験が終了したら、必ず「問題カード」を面接委員に返してから、退室してください。

〈会話例〉

  • 面接委員:May I have your card back, please?(カードを返していただけますか?)
  • 受験者:Here you are.(はい,どうぞ。)

 ――(退室時に)受験者:Thank you very much. Goodbye.(ありがとうございました。さようなら。)

英検3級二次試験の対策

前項では「スピーキングの流れ」と「ポイント」を説明しました。

3級の二次試験は何点取れば合格になるのか確認します。

二次試験の合格点

まず、二次試験の配点は下記の表のようになります。

問題形式配点
カード音読5
No.1
(パッセージについての質問)
5
No.2、No.3
(イラストについての質問)
10
No.4、No.5
(受検者についての質問)
10
態度
(アティテュード)
3
合計33

カードの音読、No. 1~No. 5まですべて5点ずつです。

すべてを通して「態度(アティテュード)」という項目が評価に入ります。これは、「積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度」を評価する項目です。

  • 面接委員の目をみる
  • わかりやすく、ゆっくり話す

といった内容です。

この「態度」の配点は3/33点しかありませんが、二次試験で合格点を取るコツにつながる重要なポイントです。

問題カードをみながら「態度」の項目を活かした具体的な対策方法を説明します。

問題カードの黙読ですること2つ

最初に問題カードを20秒間黙読します。黙読の間にしておくことが2つあります。

サンプルをみるほうがわかりやすいので、こちらのPDF(日本英語検定協会HP)を開きながらご覧ください。

黙読では下記の2点をしておきましょう。

  • 文章の意味を理解する
  • 区切って読む場所を決めておく

サンプル問題の文章は下記のような意味です。

日本英語検定協会-3級二次面接サンプルをもとに作成

まずこの文章の意味を理解するようにしましょう。つづいて、音読しやすくするための準備をします。

英文を読む場合、意味のまとまりごとに区切って読むと聞き手が聞きやすくなります。

サンプルの文章を下記のように区切ってみましょう。大体3~5語ずつにまとめます。

There are many kinds of radio programs. / People often enjoy listening/ to sports or their favorite songs. / People can learn/ English and other languages/ from the radio, / so it is very useful.
(ラジオ番組にはさまざまな種類があります。/ 人はよく聞いて楽しみます / スポーツや好きな音楽を / 人は学べます / 英語やほかの言語を / ラジオから / ですからとても便利です。)

区切った箇所でひと呼吸置くようにするのがコツです。

問題カードの音読のポイント3つ

音読は下記の3つのポイントに注意しましょう。

  • タイトルから読む
  • ゆっくり、はっきり発音する
  • ゆったり座って、面接委員のほうにも顔を向ける

日本語は英語にくらべて早口な言語と言われています(Jeffrey Kluger; Slow Down! Why Some Languages Sound So Fast(Time, 2011/09/08)より)。

特に英語に慣れてくると「上手に話そう」という意識が働いて、さらに早口になってしまいます。

早口になると口があまり開かず、発音が聞き取りにくくなります。

ここで、「態度(アティテュード)」を意識するようにしましょう。

ゆっくり、はっきり」発音するようにします。これでかなり話しやすくなり、文法や単語の間違いも減らせます。

英語スピーチで1分間に100-120語が良いと言われています。スピーキングのテストですからもう少しゆっくりにして、1分間に100語のスピードで読みましょう

サンプル問題の例だと、タイトルで3秒、本文で17秒前後使って音読するとちょうどいい速さになります。

また、一生懸命になるあまり、問題カードに前のめりの姿勢になると「態度(アティテュード)」がプラスになりません。

「目の前の面接委員の存在を気にかけてますよ」というアピールのため、顔を軽くあげるほうがいいです。

また、イスの背もたれに寄りかかりましょう。これだけで顔が面接委員のほうを軽く向いている状態になります。

面接は筆記試験と違って「相手からどう見えているか」がとても重要です。1人で対策するには限界があります。対面やオンラインの個別指導を使って数回程度対策するだけでもかなり変わります。

【下記のバナーは英検対策に特化したオンライン英会話のPRです。Next Stageなどの受験英語問題集で有名な桐原書店による英会話レッスンです。
バナーのリンク先で無料体験を申し込めます。】

「No.1」で聞かれることと回答方法

No. 1の質問例と回答例は下記のとおりです。

日本英語検定協会-3級二次面接サンプルをもとに作成

問題カードに書かれているパッセージをそのまま読み上げれば大丈夫です。黙読のときに「パッセ―ジの意味」を把握するようにしておけば、「No. 1」はボーナス問題になります

ここでも、「態度(アティテュード)」を意識しておきましょう。

ゆっくり、はっきり」です。そのほうが言い間違いが少なくなります。

「No. 2、No. 3」で聞かれることと回答方法

No. 2、No. 3はイラストについて聞かれます。

質問例と回答例は下記のとおりです。


日本英語検定協会-3級二次面接サンプル
をもとに作成

このパートはイラストをみながら回答して大丈夫です。

  • No. 2「新聞を読もうとしている」
  • No. 3「コップは2つある」

という内容を英語で伝えるようにしましょう。

面接委員のほうをみるとうまく英語が出てこない人もいます。イラストをみながら落ち着いて、「ゆっくり、はっきり」発音しましょう。

「No. 4、No. 5」で聞かれることと回答方法

No. 4、No. 5は受験者自身について聞かれます。

質問例と回答例は下記のとおりです。

日本英語検定協会-3級二次面接サンプルをもとに作成

週末には何をするのが好きですか?

外国に行ったことはありますか?

といった、日常生活での質問ばかりです。

ほかにも、
「夏と冬どちらが好きですか?(Which season do like better, summer or winter?)」
といった質問もあります。

言いやすいことを回答すれば大丈夫です。黙ってしまうのは避けましょう。

例えば、「今週末何する?」と聞かれて「定期テストの勉強をする」と答えようと思ったけど「定期テスト」を英語で何といえばいいかわからなくて、黙ってしまった。

こういうケースがよくあります。

回答は、「いっぱい寝る。(I will sleep well.)」でもいいのです。

学校の問題集を思い出してください。

「I will go to a park to play tennis.」(テニスをするために公園に行きます。)

のような、問題集に載っている例文や問題文でパっと思い浮かんだものでもいいのです。

黙っていると、「聞き取れていない」と判断されて次の質問に移ってしまいます。

また、「No. 5」は受検者の回答に対してさらに質問してきます。

夏と冬どちらが好き?

―「夏が好き。」

なぜ?

のようなやり取りです。

ここでも定番の回答が無難です。「夏と言えば海だ」と思えば、

「I like sea.(海が好き。)」と回答しましょう。

面接で何と答えていいかわからないとき

知っている単語だけで何と言っていいかわからないときは、

「Well…」
「Let me see…」

と言っておきましょう。日本語の「ええと…」というのと同じです。

これで2-3秒は大丈夫です。

日本英語検定協会のHPでは、二次試験の様子をアニメでみられるようにしています。

1度は見ておくと良いですよ。↓↓↓

日本英語検定協会-英検バーチャル二次試験 3級

英検®3級二次試験対策のおすすめアプリ

英検®3級の二次試験対策で便利なアプリを1つ紹介します。

面接などの出題形式に対応しているだけでなく、自分の発音を採点してくれるのでスピーキングの練習もできます。

広告表示はありますが、無料で使えます。

英検®トレーニング

Appストアでみる
評価:4.7
Google Playでみる
評価:4.5
課金要素:無料
※広告表示あり
スクリーンショット:

英検®3級に受かったら

英検®3級を受け終われば、次は英検®準2級です。準2級のレベルは「高校中級程度」(高校2年生程度)です。

3級が中学卒業程度(中学校3年生程度)ですから、難易度が急にあがります。

その分、入試での利用価値もかなり高まります。

英検®準2級を入試利用する

英検®準2級は中学入試・高校入試・大学入試すべてで利用できます。

入試利用の概要を説明します。

中学入試の英語利用

中学受験では英検®をはじめとした英語資格を入試に利用できます。

利用方法は下記の3パターンです。

  • 受験資格を得られる
  • 加点される
  • 英語で受験できる

それぞれ説明します。

【受験資格を得られる】

英語教育やグローバル教育に力を入れている学校のなかには、一定以上の英語資格を取得している子だけが受験できるようにしているところもあります。

そうした学校は英語教育に力を入れるのはもちろん、国際感覚を身につけられる教育をしていて人気があります。

受験資格を得られるだけでかなり合格に近づけます。

【加点される】

英検の取得急によって、入試の得点に加点されます。準2級だと50-100点程度加点される学校が多いです。

中学入試は4教科で300-400点満点の試験が多く、1点に7-8人いると言われています。

100点の加点になれば、ほぼ合格間違いないように思われます。

【英語で受験】

英検®準2級以上あると「英語1科目+面接」で受験できる学校がたくさんあります。東京都だけで80校以上もあります。

中学受験といえば算数というイメージもありますが、英語力を求める入試も多数存在します。

※下記記事で、英検®利用できる私立中学を紹介しています。
入試で英検®が使える東京の私立中学一覧
入試で英検®が使える神奈川、埼玉、千葉の私立中学一覧
入試で英検®が使える関西の私立中学一覧

高校入試の英検®優遇制度

英検®準2級あると、高校入試でも優遇されます。

具体的には3点であります。

  • 内申点に加点
  • 当日の入試点数に加点
  • 併願で優遇

中学3年生の47%は英検®3級を所持しているか、3級相当の実力を持っていると評価されています(文部科学省「令和3年度公立中学校における英語教育実施状況調査」)。

中学生の英語力が伸びてきているなかでも、英検®準2級はやはりかなりの実力者です。
そもそも学校で習っていない内容すらできるという証明になります。

中学2年生までに準2級を取得していると、3年生になったときは英語の入試対策を「ほどほど」にしておいて、浮いた時間を数学などほかの科目に回すことも可能です。

英検®を取得しておくことで、英語だけでなくほかの科目も含めて高校入試を有利に持っていけます。

※関連記事:高校受験で使える英検®優遇措置

大学受験の英語利用

大学受験でも英検®資格は使えます。具体的には、

  • 入試得点に加点
  • 出願資格の取得

の2点です。

大学入試では2級を持っているとかなり有利になりますが、準2級から使える大学もあります。各大学のHPでチェックしておきましょう。

※関連記事:大学受験の英検®優遇制度について徹底解説!絶対に損をしないそのお得な制度とは?

※関連記事:
英検®準2級のレベルと一次試験対策(リーディング・ライティング・リスニング)の仕方を徹底解説!
英検®準2級の二次試験対策(スピーキング)の仕方と当日の流れを徹底解説!

【下記のバナーは英検対策に特化したオンライン英会話のPRです。Next Stageなどの受験英語問題集で有名な桐原書店による英会話レッスンです。
バナーのリンク先で無料体験を申し込めます。】

まとめ

英検3級の二次試験について、問題カードには何が書かれているのか・面接では何を聞かれてどう答えればいいかを解説しました。

問題カードのパッセージを黙読・音読した後、パッセージやイラストの内容について面接官から質問されます。パッセージやイラストをみながら回答できますが、回答する際は「顔を上げて」落ち着いて受け答えしましょう。どのような態度で答えるか(アティテュード)も点数になります。

3級を所持していると中学入試で大いに有利になります。また、高校入試に利用するにも3級は必ずこえておきたい関門ですね。

不安があれば数回程度でも英検対策のプロにみてもらってアドバイスをもらうと、上達しますしかなり安心して二次試験に臨めるようになります。

※関連記事:英検®3級のレベルと一次試験の傾向と対策
※関連記事:中学英語の文法一覧

【下記のPRリンクは「手軽に」英会話を「たくさん」したい方向けです。リンク先の「体験レッスン」という緑のバナーから体験レッスンの申し込みができます。】

60分500円の英会話スクール【ワンコイングリッシュ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました