中学受験の勉強法

中学受験算数の伸ばし方:苦手な算数を家庭で克服できる勉強方法をお伝えします!

中学受験の算数がむずかしくてできないとお悩みの小学生向けに、算数の勉強法をお伝えします。「勉強がやらされになっている」「計算間違いが減らない」「一度解けるようになってもすぐ忘れる」。こうした様子が見られたら、復習の頻度を増やすようにしましょう。先取り学習の仕方を変えると算数の苦手克服にもつながります。
中学受験の勉強法

中学受験算数の伸ばし方と算数で苦労する理由を紹介

多くの中学受験生は算数を苦手にしています。算数は配点もたかく、得意にできれば合格に大きく近づけます。算数でなぜ苦労してしまうのか、どうすれば算数を得意にできるのか。受験算数で苦しんでいる方や、これから本格的に受験勉強をはじめる方向けに、受験算数の伸ばし方を4つお伝えします。
中学受験ー塾

関西の大手中学受験塾の比較(浜学園、希学園、馬渕、日能研、能開の比較):塾の費用や合格実績を比べます

関西の大手中学受験塾5社を紹介します。浜学園、日能研、希学園、馬渕、能開センターの5社です。費用・教材難易度・宿題量・合格実績の4項目で比べています。塾に通いはじめるのは、難関校志望なら3年生の2月、難関校以外なら4年生の2月、家庭での学習が進んでいる子なら5年生の2月がおすすめです。
中学受験ー塾

首都圏中学受験塾の比較(SAPIX、四谷、日能研、早稲アカ):塾に通うおすすめの時期とは?

首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)にある大手中学受験塾を紹介します。SAPIX、四谷大塚、日能研、早稲田アカデミーの4つです。各塾の合格実績、教材の難易度、宿題の量、授業料を紹介し、中学受験に向けていつから塾に通うのがいいか説明します。キャンペーンなどの詳細は各塾のHPをご覧ください。
中学受験の勉強法

中学受験をしようと思ったら勉強はいつから本格的にはじめればいいか

中学受験の勉強はいつからはじめればいいか。いつから塾に通いはじめればいいか。中学受験生の2人に1人は3年生までに受験を決定しており、4年生の前後で塾通いをはじめる人が多いです。長期戦になりますから、受験成功は子どものモチベーションアップと子どもの主体性の成長が大きなポイントになります。
中学受験の勉強法

【中学受験】受験勉強のスケジュール管理方法を解説:受験を成功させるための親の役割とは?

中学受験をするご家庭向けに、親の役目とスケジュール管理の仕方を説明します。塾の送迎、食事管理、メンタルサポート以外に、子どもの学習スケジュールの管理や学習進捗管理をしてあげると中学受験の勉強を大きく後押ししてあげられます。スケジュールの作成方法や、スケジュールが回らないときの対応も紹介しています。
中学受験の勉強法

塾なし中学受験の対策法:家庭学習のみで志望校に合格できる勉強方法や親子間のコミュニケーションの方法

小学生の保護者向けに、塾に通わずに中学受験を成功させるために家庭で取り組める方法を紹介します。子どもの主体性を伸ばし、勉強法や親子間のコミュニケーションを工夫すれば、塾なしで中学受験対策は可能です。塾に通うメリット・デメリットもまとめています。
中学受験の勉強法

中学受験に向けて低学年の間にやっておくべき準備:いつからすればいいか、勉強時間はどれくらい必要か

子どもが中学受験をする保護者の方向けに、成績が上がる子の特徴と小学校低学年の間にやっておくべき準備を紹介します。小4以降は問題の難易度が上がり、平日3時間以上勉強している子が多いです。低学年の間に学習習慣をつけ、論理性や読解力、勉強の集中力をつけておきましょう。小学校入学前から取り組むと勉強の負担をおさえられます。
中学受験の勉強法

中学受験をやめたいと思ったときのやめどきや見極める基準:受験撤退のときに注意すべきこととは?

中学受験をやめるかどうかの判断基準を紹介しています。勉強へのモチベーションや成績が重要な見極めポイントになります。また、中学受験を5年生でやめる人が多いです。習い事や友だちと遊ぶ時間を大切にしたい子もたくさんいます。転塾や通信教育への切り替えによって中学受験を継続できる場合もあります。
中学受験ー塾

中学受験の転塾はいつまでがいい?おすすめのタイミングや成績があがる塾を選ぶポイントを紹介!

中学受験対策で塾に通っているけど、成績が上がらない。こういう場合、転塾するなら小5の夏前までがおすすめです。塾のカリキュラムとお子様の志望校のミスマッチ、塾が求める学習習慣とお子様の学習習慣のミスマッチに注意すると、成績のあがる塾を選びやすくなります。