おすすめ

英検対策

英検準2級ライティングの練習問題(予想問題)と解答例:よく出るトピックで書き方のコツを身につけよう!

英検準2級ライティングの練習問題を20問用意しました。それぞれ解答例を2パターン紹介しています。準2級は環境、インターネット、教育、オンライン、新聞などの身近なトピックが良く出てきます。記事内で紹介している「英作文で使える表現」も覚えておくと書きやすくなります。テンプレート(定型文)に沿って書き方を練習しましょう。
英検対策

英検2級ライティングの練習問題(予想問題)と解答例:環境問題、労働、インターネット・教育の英作文

英検2級ライティングの練習問題を20問用意しました。それぞれ解答例を2パターン紹介します。2級は環境問題、労働、インターネット、教育、オンライン、新聞などのテーマが良く出てきます。特に頻出の環境問題の英作文で使える表現は記事内で紹介しています。テンプレート(定型文)に沿って書き方を練習してみてください。
英検対策

英検ライティングに使える表現(一覧):1級、準1級、2級、準2級、3級の英作文のコツとは?

英検のライティングに使える表現を一覧で紹介します。3級からライティングの試験がはじまります。定型文を使って決まった順に書けば得点を取りやすいです。ライティングはスピーキング対策にもつながるため、得意にすれば英検合格に大きく前進できます。ライティングの勉強方法や、書く内容が思いつかないときのコツも説明しています。
英検対策

英検1級ライティングの対策:解き方や定型文を過去問の模範解答で解説(英作文に使える表現付き)

英検1級を受ける人向けに英検1級のライティング対策について、過去問を例にテンプレートを解説します。1級では200~240語の英語で社会問題について受検者自身の意見を書きます。記事内で紹介している1級で使える表現の一覧を覚え、練習しましょう。また、書く内容が思いつかないときのコツとして、6つの観点も活用してみてください。
英検対策

英検準1級ライティングの対策:解き方や定型文を過去問の模範解答で解説(英作文に使える表現付き)

小学生・中学生・高校生向けに英検準1級のライティング対策について、過去問を例にテンプレートを解説します。準1級では受検者自身の意見を120~150語の英語で書きます。記事内で紹介している準1級で使える表現の一覧を覚え、練習しましょう。また、書く内容が思いつかないときはPOINTSや6つの観点も参考にしてみてください。
英検対策

英検3級ライティング:高得点が取れる答え方のコツを過去問で解説(テンプレ、解答例、配点など)

幼児・小学生・中学生向けに英検3級のライティング対策について、英作文の書き方やコツを説明します。3級では25~35語の英語で身近な話題について受検者自身の意見を理由とともに書きます。定型文で書くと書きやすいです。英作文で使える表現を一覧にしているので、問題集も使って練習しましょう!
中学生

【中3公民の一問一答問題】市場経済と売買契約:クーリングオフ・消費者契約法、財・サービスなど

中学公民の定期テスト対策として、「市場経済と売買契約」の範囲の問題を一問一答でまとめました。財・サービスとは、支出の種類(消費支出、非消費支出)、消費者の権利を守る制度や法律、流通の合理化の例(直接仕入れ、POSシステム)、給与収入・事業収入・財産収入の違いなど。公民の定期テスト対策におすすめの問題集も紹介しています。
英検対策

英検準2級ライティングの対策:過去問を使って解き方を模範解答付きで解説(英作に使える表現あり)

小学生・中学生・高校生向けに英検準2級のライティング対策について、過去問を使って模範解答を示しながら解き方のコツや勉強法を説明します。準2級では50~60語の英語で受検者自身の意見を書きます。定型文で書くのはもちろん、書く内容が思いつかないときの対策もお伝えします。ライティングに使える表現も一覧にしています。
英検対策

英検2級ライティングの対策:配点や高得点を取れる英作文を書くコツなどを紹介(使える表現付き)

小学生・中学生・高校生向けに英検2級のライティング対策について、合格点を越えるコツや勉強の仕方を説明します。2級では80~100語の英語で社会問題について受検者自身の意見を書かないといけません。定型文で書くのはもちろん、英作文で使える表現を覚えておくと便利です。また、書く内容が思いつかないときの対策もあります。
英検対策

英検5級の勉強法:5級のレベルやリスニングのコツ、小学生が一発合格できる方法を紹介!

幼児・小学生や中学生向けに、英検5級の勉強法や小学生が一発合格するためのポイントをまとめて紹介します。合格に必要な勉強時間は30時間程度とされています。合格率は80%以上あり、試験まで1か月の対策でも合格は可能です。短期間で合格を勝ち取るには、単語・熟語とリスニングの対策を重点的に行いましょう。