文法

英検対策

英検2級のレベルと合格率・合格点:ライティング・リーディング・リスニングの対策方法を解説

英検®2級は合格率が25%と狭き門です。2級のレベルと出題範囲、リーディング・ライティング・リスニングの対策方法をそれぞれ解説します。2級を取得しておくと中学入試・高校入試でかなり有利になりますし、全国の大学入試で英検優遇制度を利用できます。
英検対策

【英検®準2級】筆記試験の出題範囲・レベル・合格率を解説:時間配分などの対策方法を紹介します

英検®準2級はレベルが高く、合格率が35%と狭き門です。筆記試験(一次試験)では単語・文法の正確な知識と解答テクニックの両方が求められます。合格するには大問ごとの点数配分をチェックしておき、時間配分を決めて対策しましょう。準2級を取得しておくと中学入試や高校入試でも役立ちます。
英検対策

【英検®3級】文法の範囲とレベルを解説:出題傾向と合格点からわかる対策とは

英検3級で出題される文法範囲は中学で習う範囲までで、レベルは高校入試程度です。出題傾向が毎回変わらないため、ライティングにコツがあるなど対策をしておけば決して難しい試験ではありません。3級を取得しておけば中学入試の英検優遇制度も利用できます。英検とは何かを解説し、英単語と英文法の勉強法やおすすめの問題集も紹介しています。
英検対策

英検®4級の文法範囲とレベル:リーディング・リスニングの出題傾向に合わせた対策を解説

英検®4級で出題される文法範囲、レベル、合格点、合格率を紹介します。英単語1200語、中2までに習う範囲の文法を勉強し、65%以上取れば合格ラインを越えられます。リーディング・ライティングは出題内容に合わせた対策方法を取ると得点しやすいです。出る順なども活用して計画的に対策しましょう。
英検対策

英検®5級のレベルと文法範囲の一覧:5級の合格点・合格率と対策方法

英検5級のレベルと出題範囲の文法を一覧にして解説します。英検5級は中1程度とされており、65%ほどの得点で合格できます。合格率8割ほどですから、むずかしい試験ではりません。be動詞、一般動詞、助動詞、疑問詞を中心に勉強しておきましょう。大問ごとに時間配分を決めて過去問対策すると効果的に得点アップが見込めます。
中学受験の勉強法

【中学受験】入試出題傾向に合わせた国語の勉強のコツ:漢字の覚え方、記述対策など

中学入試の国語は配点も大きく、他教科の基礎力にもなります。非常に重要な教科ですが、苦手にしている子が多いです。国語が苦手な子も、分野別の特徴を踏まえた勉強方法を実践すれば偏差値プラス20も十分に可能です。そのための勉強方法とおすすめ問題集を紹介します。
中学生

【高校受験】英語の勉強方法を紹介します:長文のコツや学習方法、おすすめの問題集・参考書

高校入試の英語の勉強方法をお伝えします。公立入試では文法問題は少なく、長文がメインです。長文を読めるように単語・文法は幅広く勉強しておきましょう。長文は代名詞の指す内容を明確にする、時制に注意するなどの読解のコツをつかめば得点しやすくなります。高校入試対策の問題集(『最高水準問題集』など)も紹介します。
中学生

【中学生向け】高校受験国語の勉強方法:漢字、長文読解や作文のコツをお伝えします!

近年の高校入試国語は長文が長くなり、記述問題も重視されています。国語は何をどれだけ勉強すればいいかわかりづらいという声が多いですが、漢字・長文・古典などの分野ごとに勉強すれば実力がしっかりつきます。分野別の受験勉強の仕方とおすすめの問題集を紹介します。
中学生

中学生国語の定期テスト勉強法:90点以上を取る対策方法とおすすめの参考書を紹介

中学生向けに国語の定期テスト対策の仕方と問題集をお伝えします。定期テストの国語は暗記科目です。解答と解説をセットで暗記すれば高得点をねらえます。学校の問題集や市販教材も使って、テスト2週間前から漢字・文法・教科書本文の勉強をしましょう。安定して90点以上を取れるようになります。
中学生

中学生英語の定期テスト勉強法とおすすめの問題集を紹介します:英語が伸び悩む原因とは?

中学生向けに、英語の定期テスト勉強の方法と、テスト2週間前からの学習計画を紹介します。学校のワークを早く終わらせ、英単語の暗記、教科書表現の暗記、文法問題の練習に入りましょう。平均点を目指す場合、80点以上を目指す場合に分けて勉強方法をお伝えします。