【中3公民の問題とポイント解説】市場経済:インフレ・デフレ、公開市場操作、円高・円安の計算

ノート、鉛筆と「試験対策」の文字 中学生
Pocket

中学社会の定期テスト対策のために、よく出る問題を一問一答にまとめました。

今回は公民の「市場経済(インフレ・デフレなど)」です。

  • これからテスト勉強をはじめる人
  • テスト直前のチェックをしたい人

どちらでも活用できます。

社会は丁寧に覚えれば誰でも高得点をねらえます。早めに勉強して、社会を得意にしておきましょう!

※関連記事:中学社会の勉強法:定期テストで70点、90点を取れる暗記方法と勉強の仕方

下記はZ会中学生コースの案内PRです。難関高校を目指す人におすすめです。

Z会 中学生コースの案内

(1)定期的に人が集まって自由に商品の売買をする場を何というか。

(2)市場が社会のすみずみにまで張りめぐらされ、企業や人が必要とするほとんどのものが市場で手に入る経済を何というか。

(3)商品の値段を何というか。

(4)希少性が高いと価格はどうなるか。

(5)ある商品を消費者が必要とすることを何というか。

(6)ある商品を生産者が売ることを何というか。

(7)需要量と供給量が一致しているときの価格を何価格というか。

(8)需要量に対して供給量が少ない(ほしいという人が多くて、商品が足りない)と、価格はどうなるか。

(9)供給量に対して需要量が少ない(商品が余っている)と、価格はどうなるか。

(10)インターネット上に商品を出品して複数の人が値段をつけ、最も高い値段をつけた人がその商品を購入できる仕組みを何というか。

(11)市場で売られている価格を何価格というか。

(12)ある商品を市場で1つの企業だけが供給している状態を何というか。

(13)ある商品を市場で少数の企業のみで供給している状態を何というか。

(14)1つの企業や少数の企業が足並みをそろえて決めた価格を何価格というか。

(15)独占や寡占を防ぐためにつくられた法律は何か。

(16)独占禁止法の運用を行って市場を監視し、自由な競争をうながしている機関は何か。

(17)電気、ガス、水道など国民の生活に大きな影響を与えるサービスの価格を何というか。

(18)商品の売買に使用される①紙幣、②硬貨をそれぞれ何というか。

(19)貨幣や通貨を使って自分の欲しい財やサービスを手に入れられる経済を何というか。

(20)お金が流通する以前は互いの財やサービスを直接交換していた。このやり取りを何というか。

(21)通貨の発行量を国が管理し、通貨の流通を安定させる仕組みを何というか。

(22)手持ち資金の足りない人は余裕のある人からお金を借りることができる。こうした資金のやり取りを何というか。

(23)金融の仲介をする機関を何というか。

(24)お金を借りた人に対して発行する証明書を何というか。

(25)金融は直接金融と間接金融に分かれている。お金を必要な人が社債などを購入して直接資金を得るのはどちらか。

(26)金融は直接金融と間接金融に分かれている。銀行などの金融機関が仲介して資金が融通されるのはどちらか。

(27)銀行は家計や企業の貯蓄を(  )として集め、別の家計や企業に貸し出している。( )に入る語を答えてください。

(28)金融機関からお金を借りると、借りた側は借りたお金(①  )と利息(②  )の両方を払わないといけない。①②に入る語を答えてください。

(29)元金に対する利子の比率を何というか。

(30)銀行振込など、銀行口座を介した資金の移動を何というか。

(31)身の回りにある現金を何というか。

(32)預金口座にある現金を何というか。

(33)国内の金融機関の中核として紙幣の発行や金融政策を行っている銀行を何というか。

(34)日本にある中央銀行を何というか。

(35)日本銀行は政府の預金を受け入れていることから何と呼ばれているか。

(36)日本銀行は銀行に対して資金の融通をしていることから何と呼ばれているか。

(37)日本銀行は紙幣を発行することから何と呼ばれているか。

(38)①景気が良い状態を何景気と呼ぶか。②景気が悪い状態を何景気と呼ぶか。

(39)経済は好景気と不景気を繰り返す。この状態を何というか。

(40)さまざまな商品の平均価格を何というか。

(41)物価が継続的に上昇することを何というか。

(42)物価が継続的に下落する状態を何というか。

(43)好景気のときに起こりやすいのはインフレとデフレのどちらか。

(44)物価が大きく変動すると国民の生活にも影響が大きくなる。そこで日本銀行は物価変動をおさえて景気を安定させる政策を行っている。この政策を何というか。

(45)金融政策の一つで、日本銀行が一般の銀行に国債を売買して市場に出回るお金の量を調整することを何というか。

(46)日本企業が海外に工場などの拠点をつくると、日本国内で産業が衰退していきやすい。これを何というか。

(47)日本のお金と海外のお金を交換する比率を何というか。

(48)1ドル=100円だったのが1ドル=150円になると、円高・円安どちらか。

(49)①1ドル=100円のとき、60ドルの商品は何円で買えるか。②1ドル=150円になると、同じ60ドルの商品を何円で買えるか。

(50)円安になると海外に商品を輸出している日本企業の利益は増えるか、減るか。

(51)世界各国に拠点を持ち、複数の国で活動している大規模な企業を何というか。

解答

(1)市場

(2)市場経済

(3)価格

(4)高くなる

(5)需要

(6)供給

(7)均衡価格

(8)上がる

(9)下がる

(10)ネットオークション

(11)市場価格(自由価格)

(12)独占

(13)寡占

(14)独占価格/寡占価格

(15)独占禁止法

(16)公正取引委員会

(17)公共料金

(18)①貨幣、②通貨

(19)物々交換

(20)貨幣経済

(21)管理通貨制度

(22)金融

(23)金融機関

(24)債券

(25)直接金融

(26)間接金融

(27)預金

(28)①元金、②利子

(29)金利

(30)為替

(31)現金通貨

(32)預金通貨

(33)中央銀行

(34)日本銀行

(35)政府の銀行

(36)銀行の銀行

(37)発券銀行

(38)①好景気(好況)、②不景気(不況)

(39)景気変動

(40)物価

(41)インフレーション

(42)デフレーション

(43)インフレ

(44)金融政策

(45)公開市場操作

(46)産業の空洞化

(47)為替相場

(48)円安

(49)①6,000円(1ドル100円×60ドル)、②9,000円(1ドル150円×60ドル)

(50)(利益が)減る

(51)多国籍企業

市場経済の範囲でよく出る記述問題

市場経済がテスト範囲のときによく出題される記述問題をまとめました。問題と解答をセットで覚えておきましょう。

独占禁止法がある理由は何か

市場での自由な競争をうながし、価格が不当に高くなるのを防ぐため。

水道やガスなどの料金を国や地方公共団体が管理する理由は何か

価格の変動が国民の生活に大きな影響を与えるから。

需要量が供給量を大きく上回ると商品の価格はどうなるか

(価格が)上がる。

海外に工場などの拠点を持つメリットは何か

現地で安い賃金で労働者を雇えること。

ポイント解説:公開市場操作の仕組み

公民のなかで、「公開市場操作」という用語を理解するのに苦労する中学生は多いです。物価が極端に上がったり下がったりするのを防ぐための政策です。

物価を安定させるために何をしているかをまとめています。

好景気のときは国債を売る

好景気のときには、お金がたくさん出回ります。そのため、物価が高くなりすぎる傾向があります(インフレ)。

そこで日本銀行は「市場に出回るお金の量を減らす」ように操作します。

銀行にお金がたくさんあると、銀行はそのお金を個人や企業にどんどん貸し出します。そこで、日本銀行は銀行にあるお金を減らそうとします。

そのために取られるのが「国債を銀行に売る」という政策です。

銀行に国債を売る

銀行の持つお金が減る

銀行が金利を低くしてお金を個人や企業に出さないようにする

個人や企業が持つお金が減る

個人や企業がお金をあまり使わなくなる

市場に出回るお金の量が減って、景気をおさえられる

不景気のときは国債を買う

不景気のときは市場に出回るお金の量が少なすぎるので、日本銀行は「市場に出回るお金の量を増やす」ような政策を取ります。

そこで日本銀行は「銀行から国債を買って、銀行が持つお金の量を増やそう」とします。

銀行から国債を買う(=銀行にお金を渡す)

銀行の持つお金が増える

銀行が金利を上げてお金を個人や企業に多く払えるようにする

個人や企業が持つお金が増える

個人や企業がお金をたくさん使うようになる

市場に出回るお金の量が増えて、景気が回復する

定期テスト対策におすすめの社会問題集

定期テスト対策としておすすめの社会の問題集を5冊紹介します。いずれもAmazonのPRリンクをつけています。リンクをクリックいただくと、お得に購入いただけます。

目標の点数によって下記のように使い分けるのがおすすめです。

  • 教科書内容の対策に特化したい(定期テスト平均前後まで)→『中学教科書ワーク 公民』
  • 定期テスト70点くらい取りたい→『ニューコース参考書 中学公民』
  • 県内トップ高を狙っている→『中学 公民 ハイクラステスト』『最高水準問題集』『新中学問題集』

※関連記事:社会の定期テスト対策の仕方

『中学教科書ワーク 社会 公民』

帝国書院はコチラ↓


中学教科書ワーク 社会 公民 帝国書院版 (オールカラー,付録付き)

東京書籍はコチラ↓


中学教科書ワーク 社会 公民 東京書籍版 (オールカラー,付録付き)

教育出版はコチラ↓


中学教科書ワーク 社会 公民 教育出版版 (オールカラー,付録付き)

日文はコチラ↓


中学教科書ワーク 社会 公民 日本文教版 (オールカラー,付録付き)

出版社:文理
特徴:

【2021年度からの教科書に対応した改訂版です】
学校の授業はこれでかんぺき!
「教科書に合った内容」で人気の『中学教科書ワーク』が,新学習指導要領に対応してリニューアルしました!

★中学校の授業の予習・復習,テスト対策に最適!
教科書と同じ順番なので,授業に合わせて学習を進めることができます。

教科書本文の問題で読解力が身につきます。 ◇◇充実した定期テスト対策◇◇
・定期テスト対策予想問題…定期テスト前に解いて最終確認!
・スピードチェック…教科書の重要語句と重要文を,赤シートを使って徹底暗記! 音声つき!

★オールカラーで分かりやすい! 楽しく学べる!
文法を図解し,わかりやすい言葉で説明しています。学習の助けとなるコラムも豊富です。
◇◇繰り返し使う付録で知識を定着! ◇◇
・ポケットスタディ…イメージしやすい用例つきで,重要語句を学習できる英単語カード!
音声つき!
・要点まとめシート…重要な文法事項をまとめて復習!

★「要点確認」→「練習問題」→「テスト形式」の3ステップで実力がつく!
教科書の内容を身に着ける「確認のワーク」,学習内容の定着を図る「定着のワーク」,基本から応用まで実力を試す「実力判定テスト」の3段階構成で,無理なく確実に力がつきます。
豊富な英語音声とリスニング問題で,聞き取る力も身につきます。

★紙だけじゃない! デジタル付録付き
○学習アプリ 「どこでもワーク」… 付録「英単語カード」の暗記と, 3択形式の文法問題の練習ができる!
○発音上達アプリ「おん達Plus」…スマホで発音練習ができる! AIがあなたの発音を採点!
○ホームページテスト…文理Webサイトから追加のテストをダウンロード! リスニング問題もあります!

Amazonより引用

『ニューコース参考書 中学公民』


ニューコース参考書 中学公民 (学研ニューコース参考書)

出版社:Gakken
特徴:

シリーズ累計4500万部! 長く愛される中学参考書シリーズの改訂版! これ1冊で授業の予習・復習、定期テスト対策、入試準備まで、幅広く対応!

シリーズの特徴
◆表紙・巻頭マンガに人気イラストレーターを起用!
素敵なマンガとイラストで、つい手に取って学びたくなる! 持っていると気分が上がる参考書です!

◆勉強法・受験に役立つ情報が満載!
やる気の出し方やテスト対策、学校生活もサポート

◆充実の内容量、新学習指導要領完全対応!
思考力や活用力を養う内容も多く掲載

中学公民の特長
●教科書の要点がひと目でわかる
大切な部分を強調したり、箇条書きにまとめたりするなどの工夫がされているので、教科書の要点がしっかり効率よく学べます。

●授業の理解から定期テスト・入試対策まで
授業で学ぶ内容をくわしくていねいに解説。サイドに盛り込まれた追加情報が理解を助けます。章末には「定期テスト予想問題」があり、テスト前に本番さながらの練習をすることができます。巻末には「入試レベル問題」があるので、最後に力試しをしてみましょう。

●勉強のやり方や、学校生活もサポート
「中学生のための勉強・学校生活アドバイス」では、効率が上がる勉強方法、やる気の出し方、高校入試に役立つ重要な情報などを扱っています。学習内容だけではなく、勉強に向かう姿勢や学校生活についてもサポートします。

●役立つミニブックつき
くり返し使えて手軽に持ち運べるミニブックは、重要用語がまとめて確認できるので、テスト前の最終チェックに最適です。

Amazonより引用

『中学 公民 ハイクラステスト』


中学 公民 ハイクラステスト: 中学生向け問題集/定期テストや高校入試対策に最適! (受験研究社)

出版社:増進堂・受験研究社
特徴:

○ 3段階式でレベルアップ

標準レベル・応用レベル・難関レベルの3段階式でレベルアップしながら,定期テスト対策及び難関校の入試対策ができる問題集です。
・ステップA…教科書レベルの標準問題で構成。
・ステップB…公立高校・標準的な私立高校入試レベルの応用問題で構成。
・ステップC…難関私立・国立高校入試レベルの問題で構成。
・総合実力テスト…巻末に設けた実戦形式のテスト。

○ くわしい解答・解説
解答編は,解答及びくわしい解説・解き方を設け,レベルの高い問題でもしっかり理解できるように説明しています。

増進堂・受験研究社より引用

『最高水準問題集 社会』

つづいて紹介するのは、難関国公私立入試対策の定番である「最高水準問題集」です。

難問をメインに構成されており、学校のテストで80-90点を安定して取れている人が入試に向けてレベルアップをするのに最適です。

「最高水準問題集」と「最高水準問題集 特進」に分かれており、「特進」のほうが難問ぞろいです。

歴史↓


最高水準問題集 中学歴史 新訂版 (シグマベスト)

歴史 特進↓


最高水準問題集 特進 中学歴史

地理↓


最高水準問題集 中学地理 (シグマベスト)

地理 特進↓


最高水準問題集 特進 中学地理

公民↓


最高水準問題集 中学公民 (シグマベスト)

高校入試対策用↓


最高水準問題集 高校入試 社会

出版社:文英堂
特徴:

最高レベルの入試対策! 難関高校の入試を突破するための問題集
◇◆本書の構成は、本冊160頁 + 別冊 解答・解説64頁 となります。◆◇

特長1.過去の入試問題を徹底分析
国立・私立難関高校の入試問題を全分野から厳選。よく出る問題には「頻出」マークを、特に難しい問題には「難」マークをつけて、問題を解きながら、問題のレベルや傾向がわかるように配慮しました。

特長2.重点的に強化できる単元別の配列
各自の学習計画に合わせてどこからでも学習できます。また弱点分野の補強や、入試直前の重点演習もできます。

特長3.入試対策総仕上げのための模擬テスト
入試本番を想定した模擬テストを巻末につけました。志望校突破のための最終チェックができます。

Amazonより引用

『新中学問題集』(地理、歴史、公民)

最後に紹介するのは「新中学問題集」シリーズです。塾では定番のハイレベル問題集です。

前述の「最高水準問題集」と同等の難易度で、問題量はこちらのほうが多いです。

難関高志望者向けで、公立中の定期テストのレベルを越えた問題も多数出てきます。教科書に載っていない内容も一部掲載されています。

この問題集の良いところは、記述問題や思考力問題が豊富にあるという点です。

資料をみてその場で考えて解く問題も単元・時代ごとに載っており、定期テストで90点以上を安定している取りやすくなりますし、難関校入試対策にも大いに役立ちます。

なお、地理、歴史は前半と後半で分かれています。

地理Ⅰ↓(世界の地理)


新中学問題集 地理 1 標準編 【オリジナルボールペン付き】Progress 解答付き 新中問 社会

地理Ⅱ↓(日本の地理)


新中学問題集 地理 2 標準編 【オリジナルボールペン付き】Progress 解答付き 新中問 社会

歴史Ⅰ↓(原始~安土桃山時代)


新中学問題集 歴史 1 標準編 【オリジナルボールペン付き】Progress 解答付き 新中問 社会

歴史Ⅱ↓(江戸時代~ラストまで)


新中学問題集 歴史 2 標準編 【オリジナルボールペン付き】Progress 解答付き 新中問 社会

公民↓(高校入試対策のページも多数含みます)


新中学問題集 公民 中3 標準編 【オリジナルボールペン付き】Progress 解答付き 新中問 社会

出版社:教育開発出版

中学公民の勉強法

中3の公民の勉強法を紹介します。

用語を自分の言葉に言いかえて理解する

公民は[暗記7割+理解3割]です。

公民を得意にしている中学生は非常に少ないです。その大きな理由の1つが「用語の難解さ」です。公民で出てくる用語は分かりづらいものが多いです。

自分に分かりやすい言葉に言いかえて理解しましょう。

たとえば、「立憲主義」という用語が教科書や問題集で出てきます。

立憲主義とは、「国民の人権が国家権力でおびやかされないように憲法で保障すること。人の支配ではなく、法の支配を目指すこと。」を指します。

この説明を読んで理解できる中学生はあまりいないのではないでしょうか。理解できない説明を覚えたところで問題は解けません。

この用語を、たとえば下記のように変換します。

「憲法をつくって、みんな憲法に従うようにすること。
×:人の支配、〇:法の支配」

このような簡単な理解で十分です。

ピンとこない用語はすべてこんなふうに読み替えます。読み替えられないときは、保護者の方や社会が得意な友だち、学校の先生に聞いてみましょう。

ニュースをよく見る

公民は、現代の私たちの生活に関連している内容がたくさんあります。

選挙制度、経済のしくみ、地域紛争、子どもの人権を守る条約など。

これらはよくニュースになるので、普段からニュースにふれておくと理解しやすくなります。

中学社会のテスト勉強をもっと効率よくする方法

1人で勉強していると、下記のようなことがあります。

  • 思うように成績があがらない
  • 解説を読んでもいまいち理解できない
  • 1つ1つの解説は理解できるが、問題を解くときに知識をうまく使えない

こういうときの対策方法を3つお伝えします。

通信教育を活用する

社会は暗記科目です。暗記するには、繰り返しの学習と視覚記憶が有効です。

通信教育なら何度でも学習できますし、視覚的に理解しやすい(印象に残りやすい)解説動画を視聴できます。

しかも大手の通信教育なら問題の正解・不正解に応じて「解くべき問題」を提示してくれる機能があります。復習も最適なタイミングで実施できます。

月2,178円で受け放題のスタディサプリ

スタディサプリは視覚的に理解しやすい授業を特徴としています。何度も受講できるので、説明動画を頭に焼き付けることができます。

また、高品質な授業動画に加えて10万問以上の演習問題があり、月10,780円で個別指導も受けられます。

くわしくは、スタディサプリ中学講座の特徴と効果的な活用法で紹介しています。

【下記リンクはスタディサプリ中学講座のPRです。リンク先で資料請求ができます。】

スタディサプリ中学講座の資料請求はこちら

受講者数No. 1の進研ゼミ

やはり通信教育といえば進研ゼミです。受講者数No. 1で、昔から高校受験対策に定評があります。

高校入試情報をタイミングよく配信してくれますし、苦手克服から難関校対策まで幅広いレベルに対応しています。解説動画を学校の予習代わりに使って1日15~30分の勉強で高得点をねらうことも可能です。

くわしくは、進研ゼミ中学講座の特徴と効果的な利用法で紹介しています。

【下記リンクは進研ゼミ中学講座のPRです。リンク先で資料請求ができます。】

進研ゼミ 中学講座の資料請求はこちら

塾を活用する

定期テスト対策や高校入試対策の王道として、塾の活用を考えてみましょう。

子どもは「人からの影響」を強く受ける時期にいます。

  • 勉強へのモチベーションアップ
  • 学習内容の的確な提案
  • 学習継続の働きかけ
  • 学習環境の提供

といったメリットが塾にはあります。

時期や生徒の学習状況・志望校・学力目標に応じて必要なカリキュラムを考えても、肝心の本人が実行しなければ(実行し続けなければ)効果は薄くなります。

「人からの働きかけ」と「学習環境」によって子どもの学習行動や意識は変わります。

※関連記事:塾はいつから通う?費用は?

【下記リンクは月額27,500円で「勉強しほうだい」「質問しほうだい」のオンライン自習室・個別指導のPRです。自主的に勉強を進めたい中学生におすすめです。】

「STUDY BASE」

オンライン家庭教師を活用する

  • 塾に通うほどではない
  • 通える範囲内に良い塾がない
  • わからないところだけピンポイントに対策したい
  • プロ講師に教わりたい

こういうときは、家庭教師が便利です。特に受験直前期に家庭教師を活用する方が多くなります。

また、最近ではオンライン家庭教師の優位性がかなり際立ってきています。

普段は塾や予備校で教えている指導者がプロ家庭教師として活躍しています。オンラインなので、移動圏外に住んでいる人がちょっと空いた時間に授業をしています。

トップクラスの実績を持つプロ講師に教われば、1人であれこれ工夫するより5倍10倍早く、的確にポイントを押さえた学習ができます。

特に社会はプロと学生で指導力に大きな差が表れる科目です。「暗記科目」だと思うと興味がわきにくいかもしれませんが、プロが教えると興味を持つようになって楽しく勉強できるようになることがよくあります。

【下記リンクはプロ講師による個別指導と、LINEなどで勉強方法の指導やスケジューリングもしてくれる「みんなの塾」のPRです。月17,800円から受講できます。】

みんなの塾

まとめ

トップ高を目指している方にはZ会がおすすめです。下記のZ会PRリンクから資料請求ができます。】

中学生のためのZ会

中学公民の定期テスト対策として、「市場経済(インフレ・デフレなど)」の範囲でよく出る問題を一問一答形式と記述形式でまとめました。

需要と供給の関係(均衡価格など)、独占禁止法の目的、政府の銀行・銀行の銀行・発券銀行の意味、直接金融と間接金融の違い、好景気と不景気での公開市場操作(国債を売るのか買うのか)、多国籍企業になる理由など。

テストに良く出る一問一答問題と記述問題の両方を用意しています。

また、公民の定期テスト対策におすすめの問題集も紹介しています。

プロフィール
satoru
satoru

福地 暁です。
個別指導の塾を経営しています。

これまで3000組以上のご家庭を担当させていただきました。
中学受験、高校受験、大学受験、英検・TOEIC対策、中学生・高校生の定期テスト対策など、さまざまな学習支援をしています。

みなさまの学びにプラスになる情報をお伝えしていきます!
よろしくお願いします。

1男1女の父。
どうやら娘には「甘いパパ」と思われているようで、
アイスやジュースをねだるときは必ずパパのところにきます。

satoruをフォローする
中学生
satoruをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました