中学受験の勉強法

中学受験の勉強法

中学受験国語の苦手を克服する方法:塾でがんばっているのに苦手になる理由と効果的な伸ばし方完全ガイド!

塾で勉強をがんばっているのに国語が苦手な中学受験生向けに、国語が苦手になる理由と対策を紹介します。苦手克服には原因を明確にし、問題の分野別に効果的な学習法を取り入れることが重要です。知識問題の対策、長文読解の対策、記述問題の対策、思考力問題の対策それぞれお伝えしています。国語を得意にして志望校合格を勝ち取りましょう!
中学受験の勉強法

【中学受験算数】図形、比と割合、速さの対策:塾で勉強しているのに算数が伸びない原因とは

勉強しているのに算数の成績が伸びない中学受験生向けに、伸びない原因と対策方法を紹介しました。算数は計算力や問題文を読み取る力、問題量が重要です。苦手にしている小学生が多い図形、比と割合、速さについてはそれぞれ苦手になる原因と対策方法を紹介しています。市販の問題集も上手に活用して算数を得意科目にしていきましょう!
中学受験の勉強法

【中学受験】小学生向けの語彙力向上ドリル・国語辞典:選び方と親子でできる言葉の練習法を紹介

小学生向けに語彙力を伸ばせるドリルや国語辞典を紹介し、親子でできる言葉を使う練習方法を解説しました。例解学習国語辞典、新明解、ドラえもんなどの定番を含む7種類の国語辞典と中学受験国語の必須語彙2800など4種類のドリルです。類義語・対義語をついでに覚えて親子で競争しながら書き出してみると楽しく語彙力を上げられます。
中学受験の勉強法

中学受験をする子どもの語彙力を伸ばす方法:語彙力の高い子は普段どう過ごしているか

中学入試をする親子向けに、家庭で子どもの語彙力を伸ばせる方法や語彙力の高い子の過ごし方、語彙力を伸ばせる環境づくりの仕方を紹介しました。特に難関中学の国語の長文読解や記述問題では使える語彙の数が合格につながります。親子のコミュニケーションの取り方の工夫やドリル・問題集の活用で語彙力をしっかり伸ばしておきましょう!
中学受験の勉強法

中学受験社会の勉強:いつからはじめればいいか?おすすめの社会問題集も紹介します

中学受験をする子の保護者の方向けに、中学受験社会を得意科目にできる勉強法を紹介しました。1-2年生で興味を引き出し、3年生で問題集を使う勉強をはじめましょう。地理→歴史→公民の順に勉強すると、中学入試の出題傾向に合わせて覚えられます。社会のおすすめ参考書・問題集も紹介しています。
中学受験の勉強法

中学受験の英語勉強法:幼児期・小学校低学年から家庭で始められる英語学習の仕方を紹介します

中学受験で英語入試をお考えの保護者の方向けに、幼児期や小学校低学年から家庭でできる英語入試の対策法を紹介します。英語アプリを使って英語に親しみ、英検を受けて「目標に向けて勉強する習慣」をつくりましょう。英語のドリル・問題集も紹介しています。英語での面接を実施している私立中学も多く、スピーキングも伸ばしておきましょう。
中学受験の勉強法

塾なし中学受験で通信教育と市販教材を使って合格を勝ち取る方法:通信教育で自己管理をサポート!

中学受験をする保護者の方向けに、塾なしで通信教育を活用する受験勉強法を紹介します。中学受験には学習計画と自己管理が重要です。通信教育には優れた学習計画があり、自己管理をサポートできるツールもあります。費用も塾より安く、習い事など柔軟なスケジュール調整が可能です。また、苦手範囲は市販の問題集を使って克服しましょう。
中学受験の勉強法

中学受験には意味がない?中学受験をする・しないメリットや理由をまとめました

中学受験をするかどうか考え中の親向けに、中学受験に意味がないと考える理由をまとめて紹介しました。 中学受験に意味がないかどうかは各家庭での取り組み方で変わります。 中学受験をするメリット、中学受験をしないメリットどちらもあり、どちらが良いかは言えません。子どもの好奇心や学習姿勢、家庭の教育方針によって決定しましょう。
中学受験の勉強法

難関中学受験での家庭学習の仕方(算数、国語、理科、社会):難関中学に受かる子の特徴とは

難関中学合格を目指す子どもと保護者向けに、難関中学に合格するための家庭学習の仕方やコツを紹介します。幼児期や小学校低学年で好奇心を育て、算数・国語は問題集を使って早めに勉強をはじめましょう。好奇心・自主性・学習習慣・集中力の高さは難関中学合格者に共通してみられる特徴です。早く対策に取り組み志望校合格を勝ち取りましょう!
中学受験の勉強法

中学受験の合格戦略:塾と家庭教師の併用、塾と通信教育の併用で中学受験を成功させるカギを紹介!

中学受験生やその保護者の方向けに、塾と家庭教師のかけもち、塾と通信教育のかけもちのメリット・デメリットと、併用が向いている子の特徴を紹介しています。家庭教師や通信教育を併用するならいつからが良いかも説明していますので、上手にかけもちをして第一志望校合格を勝ち取りましょう!