中学受験の勉強法

中学受験をしようと思ったら勉強はいつから本格的にはじめればいいか

中学受験の勉強はいつからはじめればいいか。いつから塾に通いはじめればいいか。中学受験生の2人に1人は3年生までに受験を決定しており、4年生の前後で塾通いをはじめる人が多いです。長期戦になりますから、受験成功は子どものモチベーションアップと子どもの主体性の成長が大きなポイントになります。
中学受験の勉強法

【中学受験】受験勉強のスケジュール管理方法を解説:受験を成功させるための親の役割とは?

中学受験をするご家庭向けに、親の役目とスケジュール管理の仕方を説明します。塾の送迎、食事管理、メンタルサポート以外に、子どもの学習スケジュールの管理や学習進捗管理をしてあげると中学受験の勉強を大きく後押ししてあげられます。スケジュールの作成方法や、スケジュールが回らないときの対応も紹介しています。
中学受験の勉強法

塾なし中学受験の対策法:家庭学習のみで志望校に合格できる勉強方法や親子間のコミュニケーションの方法

小学生の保護者向けに、塾に通わずに中学受験を成功させるために家庭で取り組める方法を紹介します。子どもの主体性を伸ばし、勉強法や親子間のコミュニケーションを工夫すれば、塾なしで中学受験対策は可能です。塾に通うメリット・デメリットもまとめています。
中学受験の勉強法

中学受験に向けて低学年の間にやっておくべき準備:いつからすればいいか、勉強時間はどれくらい必要か

子どもが中学受験をする保護者の方向けに、成績が上がる子の特徴と小学校低学年の間にやっておくべき準備を紹介します。小4以降は問題の難易度が上がり、平日3時間以上勉強している子が多いです。低学年の間に学習習慣をつけ、論理性や読解力、勉強の集中力をつけておきましょう。小学校入学前から取り組むと勉強の負担をおさえられます。
中学受験の勉強法

中学受験をやめたいと思ったときのやめどきや見極める基準:受験撤退のときに注意すべきこととは?

中学受験をやめるかどうかの判断基準を紹介しています。勉強へのモチベーションや成績が重要な見極めポイントになります。また、中学受験を5年生でやめる人が多いです。習い事や友だちと遊ぶ時間を大切にしたい子もたくさんいます。転塾や通信教育への切り替えによって中学受験を継続できる場合もあります。
中学受験ー塾

中学受験の転塾はいつまでがいい?おすすめのタイミングや成績があがる塾を選ぶポイントを紹介!

中学受験対策で塾に通っているけど、成績が上がらない。こういう場合、転塾するなら小5の夏前までがおすすめです。塾のカリキュラムとお子様の志望校のミスマッチ、塾が求める学習習慣とお子様の学習習慣のミスマッチに注意すると、成績のあがる塾を選びやすくなります。
中学受験の勉強法

中学受験は5年生からでも間に合うのか?塾のカリキュラムをもとにおすすめの勉強方法を紹介します

中学受験対策として塾にかよいはじめる人が1番多いのは3年生の2月です。5年生からのスタートだと、3年生からはじめた子に比べて2年間も遅れを取っています。この状況から逆転で志望校合格を取れる勉強方法と学習スケジュール、保護者の方によるサポート方法をお伝えします。
中学入試情報

【2024年度】関西圏の私立中学入試情報(大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良)と塾通いの状況

志望校を決めるのに気になるのは、やはり中学・高校の教育環境です。関西の私立中学は毎年新たにコースを設置したり大学と提携をしたりと、さまざまな工夫をしています。どのような私立中学があるのか、その私立中学に合格するにはどれくらいの学力が必要なのかを一覧にしました。志望校を決める際の参考にしていただければ幸いです。
中学入試情報

2024年度首都圏私立中学の入試情報:各私立中学の偏差値、日程、科目、配点の一覧

志望校を決めるうえで、やはり中学・高校の教育環境は気になります。首都圏の私立中学は年々競争が激化しており、各中学は生き残りをかけて毎年さまざまな工夫をしています。どのような私立中学があるのか、その私立中学に合格するにはどれくらいの学力が必要なのかを一覧にしました。志望校を決める際の参考にしていただければ幸いです。
中学受験の勉強法

中学受験するかしないか迷ったときに考えるべきことを紹介:中学受験と高校受験のメリットを比較

中学受験をするかしないか迷っている小学生の保護者向けに判断基準や、中学受験と高校受験のメリットを比較し、どちらがいいか選択しやすくしています。主体性や学習習慣、知的好奇心に着目すると判断しやすくなります。なお、高校受験生が中高一貫生より学力が高くなることはよくあります。中学受験するかどうかは慎重に判断しましょう。