中学受験理科の苦手克服!原因と対策法を分野別に解説(てこ、ばね、かっ車、化学変化、星座など)

勉強中の小学生男子 中学受験の勉強法
Pocket

中学入試でほぼ必須の理科。ばねや水溶液、星座など、理科を苦手にしている中学受験生は少なくありません。

算数や国語は得意にするのに時間がかかりますが、理科は短時間・短期間の勉強で得点アップができる科目です。

そこで、理科に苦手意識のある中学受験生向けに、理科が苦手になる原因と対策方法を紹介します。

中学受験生が苦手になりやすい単元をピックアップして、その対策法も紹介しています。

理科を得意にして、塾内の模擬試験や入試で得点源にしてしまいましょう!

※関連記事:中学受験の理科でよく出る問題の一問一答

  1. 中学受験理科が苦手になる理由
    1. 用語を暗記できていない
    2. 用語の意味を理解できていない
    3. 実験・観察の目的を把握できていない
    4. 算数の計算力が足りない
    5. 計算式の意味が分からない
    6. 問題を解きなれていない
    7. 思考力問題の長文が読めない
    8. 復習がおろそかになっている
  2. 中学受験理科の苦手を克服する方法
    1. 効果的な順番で勉強する
    2. 用語を一問一答で覚える
    3. 用語の意味を説明する
    4. 実験・観察問題を1題ずつ解く
    5. 模擬試験で苦手分野をピックアップする
    6. 苦手分野を計画的に復習する
    7. 図鑑や参考書をみながら解く
    8. 思考力問題の対策をする
    9. 過去問を解く
  3. 中学受験生が苦手になりやすい単元の対策法
    1. ばねの勉強法
      1. 用語を覚える
      2. 比例・反比例を区別する
      3. ばねの元の長さに注意する
      4. つなぎ方でばねののびる長さが変わることに注意する
      5. 直列つなぎなら2倍になる
      6. 並列つなぎなら半分になる
    2. かっ車の勉強法
      1. 定かっ車と動かっ車の違いを知る
      2. 練習問題
    3. 電流の勉強法
      1. 電気をとおすもの・とおさないものを知る
      2. 豆電球の明るさの違いを区別する
      3. 合成抵抗が解き方の手順を覚える
    4. 水溶液・化学変化の勉強法
      1. 水溶液に溶けている物質と液性を見分ける
      2. 水溶液に溶ける物質のにおいを覚える
      3. 指示薬による色の変化を覚える(変化の一覧)
      4. グラフや表に慣れる
    5. 星座の勉強法
      1. 大三角の星座と星を覚える
      2. 春の大三角のしし座のデネボラだけ二等星
      3. 北極星の見つけ方を覚える
      4. 北極星は常に真北にある
      5. 北斗七星の先端近くに北極星がある
      6. カシオペヤ座を使って北極星を見つける
  4. 理科の苦手克服ができる問題集
    1. 『中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 理科』
    2. 『合格トレイン 理科』
    3. 『合格する理科の授業 (中学受験 「だから、そうなのか! 」とガツンとわかる)』
  5. まとめ
    1. 関連

中学受験理科が苦手になる理由

勉強をがんばっているのに理科で良い点数が取れるようにならない。

こうなってしまうのにはいくつかの原因が考えられます。

※関連記事:【中学受験】塾に通っているのに成績が伸びない理由とは?

用語を暗記できていない

まず、理科の用語をしっかり暗記できているか確認しましょう。

理科は暗記が7割です。覚えないといけない用語や知識がたくさんあります。

入試傾向が変わって思考力が問われるようになっても、用語を覚えていない状態では点を取りづらいです。

覚えていないと解けない問題が多数あるからです。

しっかりと覚えるようにしましょう。

用語の意味を理解できていない

用語を覚えている、問題集の知識確認のページは解ける。それなのに問題を解けない場合、用語の意味を理解できていない可能性があります。

例えば「双子葉類」「被子植物のなかで、子葉が2枚ある植物。根は主根と側根あり、くきの維管束は輪状で、葉脈はあみの目状」です。

「被子植物のなかで、子葉が2枚ある植物。根は主根と側根あり、くきの維管束は輪状で、葉脈はあみの目状の植物を何というか?」と問われたら「双子葉類」と解答できても、「双子葉類はどのような植物か」を説明できるでしょうか。

入試や5年生以降の模擬試験では「~は何ですか?」と問う問題はほとんど出ません。

むしろ、「双子葉類と単子葉類の特徴の違いを覚えているかを問う問題」や「特徴の違いを踏まえた思考力問題」が出ます。

用語は覚えるだけでなく、意味や違いも覚えるようにしましょう。

実験・観察の目的を把握できていない

理科では実験・観察問題がよく出題されます。実験・観察の目的を知らないと、問題を解いていても何をしているのかよく分からず、応用問題に対応しづらくなります。

何の実験なのか、どのような状況を確認するための観察なのか、目的を確認しておきましょう。

算数の計算力が足りない

理科では計算問題もたくさん出てきます。そのため、算数の計算力も一定程度求められます。

分数比例式□を使う計算式はすらすらと解けるようにしておきましょう。

計算式の意味が分からない

理科は単元ごとに計算式が異なるため、計算式を覚えていなかったり、覚えていてもどの問題でどの式を使えば良いか分からないという子は多いです。

難関中入試なら理科はほぼ計算か記述ですし、そうでなくても計算問題次第で得点が大きく変わります。

単元ごとに式を覚えなおし、演習をしておきましょう。

※関連記事:中学入試の理科でよく出る計算問題の公式一覧とおすすめの計算問題集
※関連記事:【中学受験】理科の計算問題を解くコツ

問題を解きなれていない

知識があって計算問題が苦手ではないのに応用問題で苦労する場合、問題演習が足りていないかもしれません。

理科は単元ごとに出題ポイントが決まっており、問題パターンも限られています。

問題を見てすぐ「あのタイプの問題だな」と思いつくぐらい問題に慣れておくと、かなり解きやすくなります。

思考力問題の長文が読めない

入試必出の思考力問題は大抵、問題文が長いです。先生と生徒の対話形式のものや、実験条件が3段階になっているものなど、問題文を読んで内容を把握するだけでもハードルが高いです。

あきらめて問題文を読まずに解いてしまう子もいますが、内容をしっかり理解してポイントを整理しながら読めるようになる必要があります。

復習がおろそかになっている

以前解けた問題でも、しばらく復習をしていないと用語や性質などを忘れてしまいます。

理科はほかの科目と違って単元ごとにほぼ独立しているため、忘れやすい科目です。

中学受験理科の苦手を克服する方法

ここからは、理科の苦手を克服するための対策をお伝えします。

効果的な順番で勉強する

理科は勉強の順番が大切です。

用語の暗記→実験・観察問題→過去問の順に解くようにしましょう。

知識をつけてから実践問題に入ると非常に解きやすくなり、苦手克服しやすいです。

用語を一問一答で覚える

用語や性質、実験手順などを暗記するには一問一答が便利です。覚えもれがあればすぐ発見できます。

一問一答ですべて覚えてしまいましょう。

※関連記事:中学受験の理科でよく出る問題の一問一答

用語の意味を説明する

用語を覚えられたら、その用語の意味を説明してみましょう。

前述の例のように、「被子植物のなかで、子葉が2枚ある植物。根は主根と側根あり、くきの維管束は輪状で、葉脈はあみの目状の植物を何というか?」という問題で「双子葉類」と答えられるようになったら、「双子葉類はどのような植物か?」を説明してみます。

  • 被子植物
  • 根は主根と側根
  • くきの維管束は輪状
  • 葉脈はあみの目状

この4つのポイントをすべてスラスラと言えるまでアウトプットを繰り返します。

一問一答形式などで用語を覚えたら、このように用語の意味や性質などを思いだせるよう繰り返しアウトプットします。

実験・観察問題を1題ずつ解く

用語を説明できるようになったら、実験・観察問題の演習に入ります。

このとき、大問1つずつ「答え合わせ→間違いなおし」をします。

ときどき、自習中に8ページくらい問題を解いてから、「ふ~やれやれ」と言わんばかりに意気揚々と答え合わせをはじめる子がいます。

これはあまり効果的な勉強方法ではありません。

理科の問題パターンは限られているので、同じポイントで同じような形式の問題が繰り返し登場します。

何ページも解いてから答え合わせをすると、間違えていることに気づかないまま同じ間違いを2回3回と繰り返している可能性が高いです。

大問ごとに答え合わせをすれば早く間違いなおしができ、次のページで同じような問題が出てきたら正解しやすくなります。

「答え合わせ→解きなおし→次の問題で正解」

このサイクルを早く回すと、苦手を早く克服できます。

模擬試験で苦手分野をピックアップする

苦手分野を見つけるには、模擬試験が便利です。模擬試験の成績表をみて得点の低い大問を見つけましょう。

算数や国語だと得点の低い大問があっても、原因が計算ミスだったり比や割合の理解度不足だったり、あるいは語い不足が原因で長文読解がむずかしくなっていたりします。

※関連記事:中学受験算数の成績アップ:塾で勉強しているのに伸びない原因と対策方法
※関連記事:中学受験国語:塾で苦手になる理由と効果的な伸ばし方完全ガイド!

理科は単元ごとに構成されていますから、得点をあまり取れていない大問を復習すれば次の模擬試験では点を取れるようになります。

苦手分野を計画的に復習する

苦手分野が分かったら、「いつ復習するか」を学習予定に組み入れましょう。

5年生や6年生では塾の宿題が忙しくなり、特に算数にかなり時間を取られてしまいます。

そのため、理科の復習は後回しにしてしまうことがよくあります。

ですが、理科は復習さえすれば即戦力になります。どの単元をいつ復習するか決めておきましょう。

そうして3~4単元も復習すると、模擬試験でも点を取りやすくなるのを感じるはずです。

図鑑や参考書をみながら解く

復習するときには図鑑や参考書を併用すると理解しやすくなります。

問題集はどうしても文字やビーカーなどのイラストばかりです。印象に残りにくく、これが理科の苦手を生む一因になっています。

理科の図鑑や参考書はカラーのものが多く、液体の色の変化、炎の大きさ、実験手順などが分かりやすいです。

問題を解いたら、解説を読みながら図鑑・参考書も目をとおすようにしておきましょう。

※関連記事:中学受験をする小学生におすすめの図鑑(理科、社会、国語、算数)
※関連記事:中学受験理科のおすすめ参考書

思考力問題の対策をする

中学入試で出る思考力問題は、複数のグラフや表の分析・対話文などが多いです。問題文が長くなるうえに、問題集で見たことのない問題ばかりです。

通常の問題集では対策しづらいので、思考力問題用の問題集で演習しましょう。

また、記述問題は配点が大きく、高得点を取れるかどうかの分けれ目のひとつです。

苦手意識のある人はきっちり対策しておきましょう。

※関連記事:中学受験の理科でよく出る記述問題

過去問を解く

6年生になったら一度、志望校の過去問を解いてみましょう。

志望校の出題傾向を知り、その後どの範囲を勉強すれば良いかを知るためです。

塾に通っている人は過去問をするタイミングが決められているので、そのタイミングまで待つほうが無難です。

塾に通っていない(通信教育や家庭教師など家庭学習中心)人は3-4月から月1回のペースで解くのがおすすめです。

※関連記事:塾なし中学受験の新戦略:通信教育と市販教材で合格へのスマートな道
※関連記事:難関中学に合格できる勉強法:家庭でできる取り組み方法

中学受験生が苦手になりやすい単元の対策法

入試に出やすいのに中学受験生が苦手になりやすい単元がいくつかあります。

各単元の勉強法を紹介します。

ばねの勉強法

まず、ばねの勉強法を紹介します。

用語を覚える

ばねは重さを扱う単元です。

まず、下記の2つの用語を区別しましょう。

  • 重力:地球がものを下に引っ張る力
  • 重さ:重力の大きさ

比例・反比例を区別する

ばねに重りをつるすと、重さに応じてばねが伸びます。

1gで1cm伸びるばねなら、2kgつるすと2cm伸びます。

下記の表のようになります。

重りの重さ1kg2kg3kg4kg
ばねの伸び1cm2cm3cm4cm

このように、重さが2倍になると伸びも2倍になっていく関係を「比例」といいます。

逆に、重さが2倍になると伸びる長さが半分になっていく関係を「反比例」といいます。

ばねの問題では、比例の関係になっているのか反比例の関係なのかを区別するのがポイントです。

ばねの元の長さに注意する

ばねにはもともとの長さがあります。「ばねの長さを求めましょう」と問う問題では、下記のように求めます。

ばねの元の長さ+伸びたばねのながさ=ばねの長さ

10cmのばねで、1kgの重りで1cm伸びるばねなら下記の表のようになります。

重りの重さ1kg2kg3kg4kg
ばねの伸び11cm
(10cm+1cm)
12cm
(10cm+2cm)
13cm
(10cm+3cm)
14cm
(10cm+4cm)

つなぎ方でばねののびる長さが変わることに注意する

ばねを2本つないで重りをつるすと、ばねののびる長さが変わります。

ばねのつなぎ方には2種類あり、直列つなぎ並列つなぎです。

直列つなぎなら2倍になる

2つのばねを縦につなぐ方法を「直列つなぎ」と言います。

直列つなぎの場合、ばねののびる長さは2倍になります。

直列つなぎで4本つなぐと、4本のばねののびる長さは4倍になります。

直列つなぎなら比例の関係になります。

並列つなぎなら半分になる

2つのばねを横につなぐ方法を「並列つなぎ」と言います。

並列つなぎの場合、1本ごとのばねののびる長さは半分(1/2)になります。

4本のばねを並列につなぐと1本ごとのばねののびる長さは1/4になります。

並列つなぎなら反比例の関係になります。

かっ車の勉強法

つづいて、かっ車の勉強法を紹介します。

定かっ車と動かっ車の違いを知る

かっ車の問題を解くには定かっ車と動かっ車の違いを区別します。

  • 定かっ車:向きを変えても力は同じ
  • 動かっ車:力は半分で引く長さは2倍

練習問題

(1)100gの重りを10gの定かっ車3つと組み合わせたとします。
ひもを何gの力で引けばつり合うでしょうか?

(答え)130g
(重り100g+10gの定かっ車3つ)

(2)100gの重りを動かっ車と組み合わせて、重りを20cm動かしたいとします。
ひもを何gの力で何cm引っ張れば良いでしょうか?

(答え)50gの力で40cm
(力は半分:100g→50g、引く長さは2倍:20cm→40cm)

電流の勉強法

次に、電流の勉強法について紹介します。

電気をとおすもの・とおさないものを知る

まず、電気をとおすものととおさないものを区別しましょう。

電気をとおすもの金属:金、銀、銅、アルミニウムなど
金属以外:半導体、炭素
電気をとおさないもの紙・木・プラスティック・ゴム・ガラス
電気をとおさない水溶液砂糖水・アルコール水溶液・デンプン水溶液

この違いを区別できていないと解けない問題も多数出てきます。

豆電球の明るさの違いを区別する

中学入試でよく出る豆電球の問題。電池のつなぎ方やつなぐ数で豆電球の明るさが変わります。

以下の表をしっかり覚えておけばかなり解きやすくなります。

 直列並列
電池のつなぎかた2つ・3つつなぐと、
2倍・3倍明るくなる
変わらない
豆電球のつなぎかた2つ・3つつなぐと、
明るさは1/2倍・1/3倍に
変わらない

合成抵抗が解き方の手順を覚える

2つ以上の抵抗を組み合わせて1つの回路にする合成抵抗。中学入試で多くの受験生を悩ませる問題です。

解き方が複雑に感じられるのは、解く手順が複数に分かれているからです。

抵抗が1つしかない回路では、抵抗→電流を求めれば終わりです。

ですが合成抵抗の場合、「全体の抵抗」「全体の電流」が加わります。

下記の手順で解くと解きやすくなります。

  1. 一つ一つの抵抗を求める
  2. 一つ一つの抵抗から全体の抵抗を求める
  3. 合成抵抗から全体の電流を求める
  4. 一つ一つの電流を求める

水溶液・化学変化の勉強法

水溶液の問題や酸性・アルカリ性などの問題も良く出てきます。

覚えることも多く、苦手にしている人が多いです。

覚えるべきポイントや勉強法をお伝えします。

水溶液に溶けている物質と液性を見分ける

まず、水溶液の名前から何の物質が溶けているのかを見分けます。

例えば食塩水なら、食塩と水に分けられるので、溶けている物質は「食塩」だと分かります。

つづいて、その溶けている物質の液性(酸性・アルカリ性・中性)を見分けます。

丸暗記でも良いのですが、下記の2点である程度覚えられます。

  • なめても味がしない物質→中性
  • なめると酸っぱい物質→酸性
  • なめると苦い物質→アルカリ性

水溶液に溶ける物質のにおいを覚える

次に、水溶液に溶けている物質のにおいを覚えましょう。

中学入試に出てくる水溶液は限られているので、ほぼ丸暗記で対応するのが早いです。

物質名液性におい
(ある:〇
ない:×)
塩化水素酸性
す(酢)
二酸化炭素×
ホウ酸×
アルコール中性
砂糖×
食塩×
アンモニアアルカリ性
アンモニア
水酸化ナトリウム×
水酸化カルシウム×
炭酸水素ナトリウム×

指示薬による色の変化を覚える(変化の一覧)

リトマス紙やBTB溶液など指示薬による色の変化も中学入試に頻出です。

変化の一覧下記の表にまとめています。覚えておきましょう。

指示薬強い酸性弱い酸性中性弱いアルカリ性強いアルカリ性
リトマス紙青→赤変化なし赤→青
BTB溶液
フェノールフタレイン溶液無色うすい赤
万能試験紙オレンジ
ムラサキキャベツの汁・ブドウなど赤紫

グラフや表に慣れる

理科の問題は実験結果を示すグラフや表が必ず出てきます。

特に化学分野は実験中心です。

液体や気体の性質を暗記できたら、グラフや表の問題をたくさん解いて慣れましょう。

星座の勉強法

星座は覚えることが多く、興味のない人には敬遠されがちです。

ですが、しっかり覚えておけば誰でも高得点を取れる範囲です。

おすすめの勉強法を紹介します。

大三角の星座と星を覚える

まず、春・夏・冬の大三角を構成する星座と星をすべて覚えておきましょう。

  • 春の大三角:うしかい座の一等星アークトゥルス、おとめ座の一等星スピカに、しし座の二等星デネボラ
  • 夏の大三角:はくちょう座の一等星デネブ、わし座の一等星アルタイル、こと座の一等星ベガ
  • 冬の大三角:おおいぬ座の一等星シリウス、こいぬ座の一等星プロキオン、オリオン座の一等星ベテルギウス

また、以下の図鑑には上記の大三角を覚えるための歌も収録されています。

すごく覚えやすいかというと必ずしもそうではありませんが、優しい歌声とメロディが耳に残ります。


[新版] 星と星座 DVDつき (小学館の図鑑・NEO 8)

春の大三角のしし座のデネボラだけ二等星

大三角を構成する星はほとんど一等星ですが、しし座の二等星デネボラだけ二等星です。

合わせて覚えておきましょう。

北極星の見つけ方を覚える

中学入試では北極星の見つけ方も出題されるときがあります。

北極星は常に真北にある

星は時間の経過とともに東→西へと動いていますが、北極星は常に真北にあります。

そのため、方角を把握するのにもつかわれます。

北斗七星の先端近くに北極星がある

北斗七星を使うと北極星がどこにあるか見つけやすいです。北斗七星はひしゃくの形をしており、以下の手順で見つけられます。

  1. ひしゃくの先に注目する
  2. ひしゃくの先端2つの星の間隔をはかる
  3. ひしゃくの先端から上記2の5倍先延ばした距離にある

カシオペヤ座を使って北極星を見つける

カシオペヤ座を使っても北極星を見つけられます。

下記の手順を覚えておくと便利です。

  1. 北の空にあるWの形をみつける
  2. Wの外側の2本のラインを伸ばす
  3. 交差した点とWの真ん中の点を結ぶ
  4. 上記3の2点の距離の5倍先に北極星がある
ウェザーニュースより

理科の苦手克服ができる問題集

最後に、理科の苦手克服に役立つ問題集を紹介します。

AmazonのPRリンクをつけているので、Amazonリンク先で内容を確認いただけます。

『中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 理科』

タイトルどおり、それまで苦労していた理科の問題をスラスラ解けるようになるコツがたくさん掲載されています。

計算問題対策、グラフ・表の対策を解くコツがたくさん掲載されています。

対象は中堅校~上位校をねらう人や難関校志望者で理科が苦手な人です。


中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 理科・計算問題

表・グラフの問題集はコチラ↓


中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 理科・表とグラフ問題

入試前の実践力アップならコチラ↓


中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 理科・合否を分ける40問と超要点整理 (西村則康先生の本)

『合格トレイン 理科』

こちらは過去に入試問題のなかから出題頻度の高い問題を厳選して掲載しています。

出る順のようなコンセプトで、対象も中堅校~上位校までです。


合格トレイン 理科 計算問題 (中学入試 合格トレインシリーズ)


合格トレイン 理科 思考問題 (中学入試 合格トレインシリーズ)

『合格する理科の授業 (中学受験 「だから、そうなのか! 」とガツンとわかる)』

こちらは問題集ではなく、中学受験生向けの理科の読み物です。

光合成の仕組みなど、150ほどのテーマについてサクっと解説してくれています。

理科の勉強に疲れてきたときにちょっと手に取って読むと、理科への興味がわいて勉強のモチベーションが復活するかもしれません。


合格する理科の授業 生物・物理編 (中学受験 「だから、そうなのか! 」とガツンとわかる)


合格する理科の授業 地学・化学編 (中学受験 「だから、そうなのか! 」とガツンとわかる)

まとめ

いかがでしょうか。

理科が苦手な中学受験生向けに、苦手克服できる勉強法を紹介しました。

また、てこ・ばね・かっ車・化学変化・星座など、入試で差がつく単元を解けるようになるコツも紹介しています。

単元ごとに計算問題の解き方を覚え、反復演習して解きなれましょう。

理科を得意にして、志望校合格を勝ち取りましょう!

プロフィール
satoru
satoru

福地 暁です。
個別指導の塾を経営しています。

これまで3000組以上のご家庭を担当させていただきました。
中学受験、高校受験、大学受験、英検・TOEIC対策、中学生・高校生の定期テスト対策など、さまざまな学習支援をしています。

みなさまの学びにプラスになる情報をお伝えしていきます!
よろしくお願いします。

1男1女の父。
どうやら娘には「甘いパパ」と思われているようで、
アイスやジュースをねだるときは必ずパパのところにきます。

satoruをフォローする
中学受験の勉強法
satoruをフォローする
学びサジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました