暗記

中学入試情報

中学受験の理科でよく出る問題の一問一答(生物・物理・化学・地学)とおすすめの問題集

中学入試によく出る理科の一問一答問題をまとめました。生物分野の基本問題、物理分野の基本問題、化学分野の基本問題、地学分野の基本問題の4つにわけています。理科の勉強スケジュールはゆっくりがおすすめです。低学年では図鑑などで興味を持たせ、4・5年生から「一問一答問題集」や「でる順」などのおすすめ問題集を使うと効率良いです。
英検対策

【英検®3級】文法の範囲とレベルを解説:出題傾向と合格点からわかる対策とは

英検3級で出題される文法範囲は中学で習う範囲までで、レベルは高校入試程度です。出題傾向が毎回変わらないため、ライティングにコツがあるなど対策をしておけば決して難しい試験ではありません。3級を取得しておけば中学入試の英検優遇制度も利用できます。英検とは何かを解説し、英単語と英文法の勉強法やおすすめの問題集も紹介しています。
英検対策

英検®4級の文法範囲とレベル:リーディング・リスニングの出題傾向に合わせた対策を解説

英検®4級で出題される文法範囲、レベル、合格点、合格率を紹介します。英単語1200語、中2までに習う範囲の文法を勉強し、65%以上取れば合格ラインを越えられます。リーディング・ライティングは出題内容に合わせた対策方法を取ると得点しやすいです。出る順なども活用して計画的に対策しましょう。
英検対策

英検®5級のレベルと文法範囲の一覧:5級の合格点・合格率と対策方法

英検5級のレベルと出題範囲の文法を一覧にして解説します。英検5級は中1程度とされており、65%ほどの得点で合格できます。合格率8割ほどですから、むずかしい試験ではりません。be動詞、一般動詞、助動詞、疑問詞を中心に勉強しておきましょう。大問ごとに時間配分を決めて過去問対策すると効果的に得点アップが見込めます。
中学生

中学社会の勉強法:定期テストで70点、90点を取れる暗記方法と勉強の仕方

中学社会の定期テストで70点以上、90点以上取りたい人向けに勉強方法を紹介します。地理は地域ごとの特徴をまとめながら覚え、歴史は流れをしっかり把握し、公民は用語を自分の言葉に言い換えるようにしましょう。地図帳や市販の問題集を活用すると覚えやすく、頭に残りやすいです。
中学生

高校受験5教科の勉強法とスケジュール:いつからはじめる?勉強時間はどれくらい必要?

高校入試の5教科の勉強法と勉強スケジュールをお伝えします。2人に1人は中1か中2から受験対策をはじめています。中2夏までには始めておきましょう。普段は定期テスト対策に集中し、長期休みに受験対策に集中しましょう。英語・数学はもちろんですが、理科・社会が合否をわける大きなポイントになります。得点源にしておきましょう。
中学生

中学生理科の勉強方法:定期テストに出やすい問題は何?70点以上を取れる参考書・問題集を紹介

理科は暗記科目です。テストに出やすい範囲をしっかり押さえて、効率よく勉強しましょう。中1なら凸レンズの作図、中2は化学反応式、中3の天体は月の見え方が頻出です。学校のワークを仕上げるときに丸暗記しておくと得点源にできます。苦手な人は『ひとつひとつわかりやすく』、難関校志望者は『ハイクラステスト』の併用がおすすめです。
中学生

中学生国語の定期テスト勉強法:90点以上を取る対策方法とおすすめの参考書を紹介

中学生向けに国語の定期テスト対策の仕方と問題集をお伝えします。定期テストの国語は暗記科目です。解答と解説をセットで暗記すれば高得点をねらえます。学校の問題集や市販教材も使って、テスト2週間前から漢字・文法・教科書本文の勉強をしましょう。安定して90点以上を取れるようになります。
中学生

【中学生】数学の定期テスト勉強法とおすすめの数学問題集(基礎~応用レベル)を紹介します

数学の定期テストで、中1のつまずきやすいところ、中2のつまずきやすいところ、中3のつまずきやすいところとその対策方法をそれぞれ紹介します。定期テスト対策は「2週間前」から「何」を「どう勉強するか」の学習計画が大切です。80点以上を取るための勉強方法も紹介しています。
中学生

中学生英語の定期テスト勉強法とおすすめの問題集を紹介します:英語が伸び悩む原因とは?

中学生向けに、英語の定期テスト勉強の方法と、テスト2週間前からの学習計画を紹介します。学校のワークを早く終わらせ、英単語の暗記、教科書表現の暗記、文法問題の練習に入りましょう。平均点を目指す場合、80点以上を目指す場合に分けて勉強方法をお伝えします。