中学入試情報

中学入試情報

【2024年度】中学入試で英検®が使える神奈川、埼玉、千葉の私立中学一覧:英語入試のレベルや対策方法

私立中学で英語利用入試を導入している学校が急増しています。英検®などの英語資格を所持していると、さまざまな優遇を受けられます。利用するには英検®3級以上が必要です。対象の中学は首都圏では東京が1番多いです。東京以外の首都圏でも多数の中学が導入しており、一覧化しました。ご家庭の教育方針に合う中学校をぜひお探しください!
中学入試情報

【2024年度】中学入試で英検®が使える関西の私立中学一覧:英語に力を入れている私立中学はどれか

関西で英検®を利用して受験できる私立中学をまとめました。同志社香里など英語を話せるようになる私立中学ばかりです。英語利用入試には出願資格・加点・試験免除といった優遇制度があります。英検5級から利用できますが、3級以上の取得がおすすめです。中学から過去問を取り寄せ、英単語を覚え、問題集で文法の実力を上げましょう。
中学入試情報

【2024年度】中学入試で英検®が使える東京の私立中学一覧:英語入試のレベルや対策方法

中学受験で英検資格が使える東京の私立中学を一覧にしました。出願資格の取得、加点など優遇内容は中学によってさまざまです。英語入試のレベルは英検3~4級程度で、慶應などの難関中学では3級~準2級の取得を目指しましょう。英単語の暗記、英文法の演習とともに、スピーキングでは「アティテュード」を重視した練習をしておきましょう。
中学入試情報

中学受験当日の服装はどうすればいい?面接がある場合の保護者と子どもの髪型と服装も解説します

中学入試の日の服装はどうすればいいのか、迷いますよね。寒暖にあわせて脱ぎ着しやすく、入試で実力を出しやすい服装がオススメです。面接がある場合は、やはり印象が気になります。人生で大事な瞬間にふさわしいブランドも、男子・女子それぞれ3つずつ紹介しています。
中学入試情報

【中学受験】理科と社会のおすすめ問題集:子どもに合う問題集の選び方とは?

中学入試の理科と社会の参考書と問題集を紹介します。解説が分かりやすい参考書、難関中学入試まで対応している問題集など、勉強目的に合う参考書・問題集を選ぶようにしましょう。特に、5-6年生から中学受験勉強をはじめた人が出遅れを取り戻して逆転合格を取るのに理科・社会は大きな武器になります。
中学入試情報

中学受験理科の勉強法(物理・化学・生物・地学):分かりやすい理科参考書も紹介

中学受験を予定している小学生とその保護者の方向けに理科の勉強法を紹介します。 ①単元ごとのポイントを把握する ②用語をみながら単元内容を説明する ③一問一答を完璧に覚える ④自分で解説しながら解く ⑤リード文にある条件を箇条書きする 上記以外に、生物、地学、物理、化学の分野ごとに勉強法をまとめています。
中学入試情報

【2024年度】全国の公立中高一貫校の偏差値表:北海道から沖縄まで地方別

全国の公立中高一貫の偏差値を一覧にしました。名護の桜中学校、神奈川の平塚中等教育学校、サイエンスフロンティア、相模原、仙台青陵中、並木中等教育学校、東京の両国、立川国際、白鴎、都立富士、茨城の水戸一高、栃木の矢板東、大阪の富田林中、水都国際、奈良県立国際中学校、青翔中学、京都府立南陽、広島県立三次中、佐賀の香楠中など。
中学入試情報

公立中高一貫校の魅力とは:学校の種類や入試制度について解説します

近年、公立中高一貫校の人気が急上昇しています。私立中入試にくらべて準備期間が短くて済むうえに、入学後の学費も3-4割とかなりお手頃です。ただし、私立中入試とは入試制度がまったく異なり、勉強の仕方もちがいます。公立中高一貫校に受かるにはどうすればいいか、入試制度の概要からお伝えします。
中学入試情報

中学受験全落ちしたらどうなる?:全落ちしやすい子の特徴と全落ちを防ぐ方法を紹介

中学入試を控えた受験生や親向けに、全落ちしたらどうなるか・全落ちしやすい子の特徴・全落ちを避ける方法を紹介します。中学受験で全落ちする割合は16%と言われています。全落ちを避けるには「安全校を併願」「ミスを減らす」「理科・社会の知識問題の対策をする」といった方法があります。
中学入試情報

中学受験の志望校の決め方:いつまで?どうやって選ぶ?併願校の選択方法は?

中学受験の志望校の決め方をお伝えします。第一志望校は3年生から4年生の間に決める家庭が多いです。子どもの「この学校に行きたい」と思う気持ちが最重要です。受験勉強の成否に大きくかかわるからです。また、第一志望校以外の受験校(チャレンジ校・安全校)も5年生までに候補を決めておくと、受験勉強に集中しやすくなります。