【中学地理でよく出る問題】日本の産業の一問一答:工業地帯と工業地域、農産物、発電の種類など

ノート、鉛筆と「試験対策」の文字 中学生
Pocket

中学社会の定期テスト対策のために、よく出る問題を一問一答にまとめました。

今回は「日本の産業」です。

  • これからテスト勉強をはじめる人
  • テスト直前のチェックをしたい人

どちらでも活用できます。

社会は丁寧に覚えれば誰でも高得点をねらえます。早めに勉強して、社会を得意にしておきましょう!

【下記リンクは進研ゼミ中学講座のPRです。定期テスト対策や高校入試の定番で、受験情報がたくさんあります。】

進研ゼミ 中学講座の資料請求はこちら

下記の記事でおすすめの使い方や費用を紹介しています。
進研ゼミ中学講座の特徴と効果的な利用法

中学地理の問題:日本の産業の一問一答①

(1)日本は鉱物資源が少なく、ほとんど輸入に頼っている。そのうち、石炭や鉄鉱石の最大の輸入相手国はどこか。

(2)エネルギー消費量が多くなると、近年では二酸化炭素などの増加によってある環境問題が大きな問題となっている。何か。

(3)地球温暖化対策として、太陽光や地熱など環境にやさしい自然エネルギーの開発と利用が急がれている。こうした自然エネルギーのことを何と呼ぶか。

(4)三大穀物を3つとも答えよ。

(5)日本の農業は稲作が中心だったため、米作りの量を国主導でコントロールする政策が取られていた。この政策のことを何と呼ぶか。

(6)農家の分類方法として、農業収入がほかの収入よりも多く、農業従事60日以上の65歳未満の者がいる農家を何と呼ぶか。

(7)農家の分類方法として、農業収入よりほかの収入のほうが多く、農業従事60日以上の65歳未満の者がいる農家を何と呼ぶか。

(8)農家の分類方法として、農業従事60日以上の65歳未満の者がいない農家を何と呼ぶか。

(9)大都市の周辺で作った新鮮な野菜を都市部に輸送する形態の農業を何と呼ぶか。

(10)高知平野などで多い、ビニールハウスを利用した農業を何と呼ぶか。

(11)和歌山県や愛媛県で多く生産されている農産物は何か。

(12)りんごの生産量日本一の都道府県はどこか。

(13)ぶどうや桃の生産が日本一の都道府県はどこか。

(14)乳牛を使って乳製品を生産・出荷する畜産業のことを何と呼ぶか。

(15)日本は世界有数の好漁場がいくつもある。そのうち暖流と寒流がぶつかるところを何と呼ぶか。

(16)日本は世界有数の好漁場がいくつもある。そのうち、沿岸部から200海里までの浅くゆるやかな海底を何と呼ぶか。

(17)魚介類を成長するまで人手で育てて収穫する漁業を何と呼ぶか。

(18)人工的にふ化させた稚魚などをある程度まで育ててから放流して、自然の中で収穫する漁業を何と呼ぶか。

(19)かつて日本では繊維工業などの(軽工業/重工業)が盛んだったが、高度経済成長期に(軽工業/重工業)が盛んになった。当てはまる語をそれぞれ選択しなさい。

(20)近年盛んになってきている集積回路などを生産する産業を何と呼ぶか。

(21)かつて日本は原料を輸入して製品化して輸出する貿易方法に依存していた。この貿易方法を何と呼ぶか。

(22)日本の四大工業地帯をすべて答えよ。

(23)四大工業地帯と、京葉工業地域・瀬戸内工業地域などの主要工業地域を含む地域を何と呼ぶか。

(24)他国との貿易額で、輸出額と輸入額で大きな差がある問題を何と呼ぶか。

(25)産業を第一次産業から第三次産業までわけたとき、農林水産業はどれに当てはまるか。

(26)産業を第一次産業から第三次産業までわけたとき、建設業はどれに当てはまるか。

(27)産業を第一次産業から第三次産業までわけたとき、商業・サービス業はどれに当てはまるか。

(28)ICチップなどの輸送手段は主に何輸送が多いか。

(29)石油や自動車などの輸送手段は主に何輸送が多いか。

(30)新幹線や高速道路など、全国各地で整備されている交通網を何と呼ぶか。

解答

(1)オーストラリア

(2)地球温暖化

(3)再生可能エネルギー

(4)米・小麦・トウモロコシ(※順不同)

(5)減反政策

(6)主業農家

(7)準主業農家

(8)副業的農家

(9)近郊農業

(10)施設園芸農業

(11)みかん

(12)青森県

(13)山梨県

(14)酪農

(15)潮目

(16)大陸棚

(17)養殖漁業

(18)栽培漁業

(19)軽工業・重工業

(20)ハイテク産業

(21)加工貿易

(22)北九州・阪神・中京・京浜(※順不同)

(23)太平洋ベルト

(24)貿易摩擦

(25)第一次産業

(26)第二次産業

(27)第三次産業

(28)航空輸送

(29)海上輸送

(30)高速交通網

中学地理の問題:日本の産業の一問一答②

(1)世界で用いられる電力は(火力/水力/原子力)が多く、カナダやブラジルは(火力/水力/原子力)、フランスは(火力/水力/原子力)が多い。当てはまる語をそれぞれ選択しなさい。

(2)トウモロコシなどの生物資源から作られる再生可能エネルギーを何と呼ぶか。

(3)高知平野や宮崎平野などでみられる、施設園芸農業によってほかの地域より早く旬の農産物を作って各地に出荷する農業方式を何と呼ぶか。

(4)八ガ岳などの寒冷地でみられる、ほかの地域より時期を遅らせて農産物を出荷する農業方式を何と呼ぶか。

(5)北海道と九州で産出額割合の1番高い農業は下記のどれか。
【米・野菜・果実・畜産】

(6)東北地方で多い産出額割合の高い農業を下記から2つ選びなさい。
【米・野菜・果実・畜産】

(7)関東地方で産出額割合の1番高い農業は下記のどれか。
【米・野菜・果実・畜産】

(8)北陸地方で産出額割合の1番高い農業は下記のどれか。
【米・野菜・果実・畜産】

(9)四大工業地帯のなかで1番工業出荷額の多い工業地帯はどれか。

(10)中京工業地帯の工業出荷額のなかで1番多い工業は下記のどれか。
【金属・機械・繊維・食料品・化学】

(11)複数の国に拠点を持って活動している企業を何と呼ぶか。

(12)日本の企業が海外に拠点を移したことで、日本国内の製造業が衰退したことを何と呼ぶか。

(13)産業を第一次産業から第三次産業までわけたとき、日本で最も従事している人の数が多い産業はどれか。

(14)静岡県を中心とする工業地域を何と呼ぶか。

(15)埼玉県や群馬県などを中心とする工業地域を何と呼ぶか。

(16)千葉県を中心とする太平洋沿いの工業地域を何と呼ぶか。

(17)新潟県・富山県・石川県などを中心とする工業地域を何と呼ぶか。

(18)貿易摩擦解消のために、販売先の国に工場を立てて製品をつくることを何というか。

(19)情報通信技術の発達によって近年重要な産業となっているサービス業は何か。

(20)災害などによる影響や放射性廃棄物の処理が問題となっている発電方法は何か。

(21)少子高齢社会に対応して増えてきているサービス業は何か。

(22)航空輸送について、航空機の乗り換えのための拠点としての機能を持つ空港のことを何と呼ぶか。

(23)貿易摩擦などの貿易上の問題を処理するための機関を何と呼ぶか。

(24)太陽光を取り込んでエネルギー化するために屋根などに設置される装置を何と呼ぶか。

解答

(1)火力・水力・原子力

(2)バイオエタノール

(3)促成栽培

(4)抑制栽培

(5)畜産

(6)米・畜産(※順不同)

(7)野菜

(8)米

(9)中京工業地帯

(10)機械

(11)多国籍企業

(12)産業の空洞化

(13)第三次産業

(14)東海工業地域

(15)関東内陸工業地域

(16)京葉工業地域

(17)北陸工業地域

(18)現地生産

(19)情報サービス業

(20)原子力発電

(21)介護サービス

(22)ハブ空港

(23)世界貿易機関(WTO)

(24)ソーラーパネル(太陽光パネル)

一問一答問題の勉強方法

上記の「一問一答問題①」と「一問一答問題②」は同じ範囲の問題です。

「一問一答問題①」で出した問題の問い方を変えたり、間違える生徒が多いものを集めています。「一問一答問題②」のほうが、難易度が高いです。

  1. 「一問一答問題①」を全問正解できるまで繰り返す
  2. 「一問一答問題②」を全問正解できるまで繰り返す

上記の順に勉強してみましょう。

社会の勉強のポイントは「繰り返しの学習」「視覚的情報のわかりやすさ」です。文字からの情報だけでなく、地図や資料をみながら学習すると記憶に「つながり」ができてテストでも思いだしやすくなります。

日本の産業の特色

日本の産業は第一次産業から第三次産業がメインです(今後、第四次以降の産業が盛んになると言われています)。

  • 第一次産業:農林水産業
  • 第二次産業:工業
  • 第三次産業:サービス業

それぞれの産業で働いている人の数は、第三次産業>第二次産業>第一次産業の順に多いです。

第一次産業・第二次産業・第三次産業の覚え方

第一次から第三次までどの産業が何かを覚えるのがややこしくなっている中学生も多いです。それぞれの産業の意味を「一次」「二次」といった数字と一緒に覚えると覚えやすいです。

  • 第一次産業(1番目にする仕事):農作物を採る
  • 第二次産業(2番目にする仕事):採った農作物をジュースなどに加工する
  • 第三次産業(3番目にする仕事):加工したジュースを売る

大ざっぱに説明すると上記のようになります。

工業地帯の覚え方と工業の特徴

日本の工業地帯として4つ覚えておきましょう。覚え方と各工業の特徴をまとめました。

中京工業地帯部地方にあるから「中」がつきます。
都の真ん中にあるから「中京」でもOK。
トヨタが中心→車を生産→機械産業が盛ん
京浜工業地帯と横から一字ずつ取って「京浜」です。大手の出版社や新聞社の本社がある→印刷業が盛ん
阪神工業地帯戸から一字ずつ取って「阪神」です。ロケットやネジなどの中小企業が多い→機械産業が盛ん
北九州工業地帯名前のとおり北九州にあります。
八幡製鉄所を中心に発展した地域です。
・魚を水揚げしてすぐ加工しやすい
・日本と海外の両方に輸出しやすい
→ 食品工業が盛ん

定期テストにおすすめの社会問題集

定期テスト対策としておすすめの社会の問題集を3冊紹介します。いずれもAmazonのPRリンクをつけています。リンクをクリックいただくと、お得に購入いただけます。

目標の点数によって下記のように使い分けるのがおすすめです。

  • 教科書内容の対策に特化したい(定期テスト平均前後まで)→『中学教科書ワーク 歴史』
  • 定期テストレベルまでの文法問題をマスターしたい(定期テスト70点くらいまで)→『ニューコース参考書 中学歴史』
  • 県内トップ高を狙っている→『中学 歴史 ハイクラステスト』

※関連記事:社会の定期テスト対策の仕方

『中学教科書ワーク 社会 地理』

帝国書院はコチラ↓


中学教科書ワーク 社会 地理 帝国書院版 (オールカラー,付録付き)

東京書籍はコチラ↓


中学教科書ワーク 社会 地理 東京書籍版 (オールカラー,付録付き)

教育出版はコチラ↓


中学教科書ワーク 社会 地理 教育出版版 (オールカラー,付録付き)

日文はコチラ↓


中学教科書ワーク 社会 地理 日本文教版 (オールカラー,付録付き)

出版社:文理
特徴:

【2021年度からの教科書に対応した改訂版です】
学校の授業はこれでかんぺき!
「教科書に合った内容」で人気の『中学教科書ワーク』が,新学習指導要領に対応してリニューアルしました!

★中学校の授業の予習・復習,テスト対策に最適!
教科書と同じ順番なので,授業に合わせて学習を進めることができます。

教科書本文の問題で読解力が身につきます。 ◇◇充実した定期テスト対策◇◇
・定期テスト対策予想問題…定期テスト前に解いて最終確認!
・スピードチェック…教科書の重要語句と重要文を,赤シートを使って徹底暗記! 音声つき!

★オールカラーで分かりやすい! 楽しく学べる!
文法を図解し,わかりやすい言葉で説明しています。学習の助けとなるコラムも豊富です。
◇◇繰り返し使う付録で知識を定着! ◇◇
・ポケットスタディ…イメージしやすい用例つきで,重要語句を学習できる英単語カード!
音声つき!
・要点まとめシート…重要な文法事項をまとめて復習!

★「要点確認」→「練習問題」→「テスト形式」の3ステップで実力がつく!
教科書の内容を身に着ける「確認のワーク」,学習内容の定着を図る「定着のワーク」,基本から応用まで実力を試す「実力判定テスト」の3段階構成で,無理なく確実に力がつきます。
豊富な英語音声とリスニング問題で,聞き取る力も身につきます。

★紙だけじゃない! デジタル付録付き
○学習アプリ 「どこでもワーク」… 付録「英単語カード」の暗記と, 3択形式の文法問題の練習ができる!
○発音上達アプリ「おん達Plus」…スマホで発音練習ができる! AIがあなたの発音を採点!
○ホームページテスト…文理Webサイトから追加のテストをダウンロード! リスニング問題もあります!

Amazonより引用

『ニューコース参考書 中学地理』


ニューコース参考書 中学地理 (学研ニューコース参考書)

出版社:Gakken
特徴:

シリーズ累計4500万部! 長く愛される中学参考書シリーズの改訂版! これ1冊で授業の予習・復習、定期テスト対策、入試準備まで、幅広く対応!

シリーズの特徴
◆表紙・巻頭マンガに人気イラストレーターを起用!
素敵なマンガとイラストで、つい手に取って学びたくなる! 持っていると気分が上がる参考書です!

◆勉強法・受験に役立つ情報が満載!
やる気の出し方やテスト対策、学校生活もサポート

◆充実の内容量、新学習指導要領完全対応!
思考力や活用力を養う内容も多く掲載

中学地理の特長
●教科書の要点がひと目でわかる
大切な部分を強調したり、箇条書きにまとめたりするなどの工夫がされているので、教科書の要点がしっかり効率よく学べます。

●授業の理解から定期テスト・入試対策まで
授業で学ぶ内容をくわしくていねいに解説。サイドに盛り込まれた追加情報が理解を助けます。章末には「定期テスト予想問題」があり、テスト前に本番さながらの練習をすることができます。巻末には「入試レベル問題」があるので、最後に力試しをしてみましょう。

●勉強のやり方や、学校生活もサポート
「中学生のための勉強・学校生活アドバイス」では、効率が上がる勉強方法、やる気の出し方、高校入試に役立つ重要な情報などを扱っています。学習内容だけではなく、勉強に向かう姿勢や学校生活についてもサポートします。

●役立つミニブックつき
くり返し使えて手軽に持ち運べるミニブックは、重要用語がまとめて確認できるので、テスト前の最終チェックに最適です。

Amazonより引用

『中学 地理 ハイクラステスト』


中学 地理 ハイクラステスト: 中学生向け問題集/定期テストや高校入試対策に最適! (受験研究社)

出版社:増進堂・受験研究社
特徴:

○ 3段階式でレベルアップ

標準レベル・応用レベル・難関レベルの3段階式でレベルアップしながら,定期テスト対策及び難関校の入試対策ができる問題集です。
・ステップA…教科書レベルの標準問題で構成。
・ステップB…公立高校・標準的な私立高校入試レベルの応用問題で構成。
・ステップC…難関私立・国立高校入試レベルの問題で構成。
・総合実力テスト…巻末に設けた実戦形式のテスト。

○ くわしい解答・解説
解答編は,解答及びくわしい解説・解き方を設け,レベルの高い問題でもしっかり理解できるように説明しています。

増進堂・受験研究社より引用

中学社会のテスト勉強をもっと効率よくする方法

1人で勉強していると、下記のようなことがあります。

  • 思うように成績があがらない
  • 解説を読んでもいまいち理解できない
  • 1つ1つの解説は理解できるが、問題を解くときに知識をうまく使えない

こういうときの対策方法を3つお伝えします。

通信教育を活用する

社会は暗記科目です。暗記するには、繰り返しの学習と視覚記憶が有効です。

通信教育なら何度でも学習できますし、視覚的に理解しやすい(印象に残りやすい)解説動画を視聴できます。

しかも大手の通信教育なら問題の正解・不正解に応じて「解くべき問題」を提示してくれる機能があります。復習も最適なタイミングで実施できます。

月2,178円で受け放題のスタディサプリ

スタディサプリは視覚的に理解しやすい授業を特徴としています。何度も受講できるので、説明動画を頭に焼き付けることができます。

また、高品質な授業動画に加えて10万問以上の演習問題があり、月10,780円で個別指導も受けられます。

くわしくは、スタディサプリ中学講座の特徴と効果的な活用法で紹介しています。

【下記リンクはスタディサプリ中学講座のPRです。リンク先で資料請求ができます。】

スタディサプリ中学講座の資料請求はこちら

受講者数No. 1の進研ゼミ

やはり通信教育といえば進研ゼミです。受講者数No. 1で、昔から高校受験対策に定評があります。

高校入試情報をタイミングよく配信してくれますし、苦手克服から難関校対策まで幅広いレベルに対応しています。解説動画を学校の予習代わりに使って1日15~30分の勉強で高得点をねらうことも可能です。

くわしくは、進研ゼミ中学講座の特徴と効果的な利用法で紹介しています。

【下記リンクは進研ゼミ中学講座のPRです。リンク先で資料請求ができます。】

進研ゼミ 中学講座の資料請求はこちら

塾を活用する

定期テスト対策や高校入試対策の王道として、塾の活用を考えてみましょう。

子どもは「人からの影響」を強く受ける時期にいます。

  • 勉強へのモチベーションアップ
  • 学習内容の的確な提案
  • 学習継続の働きかけ
  • 学習環境の提供

といったメリットが塾にはあります。

時期や生徒の学習状況・志望校・学力目標に応じて必要なカリキュラムを考えても、肝心の本人が実行しなければ(実行し続けなければ)効果は薄くなります。

「人からの働きかけ」と「学習環境」によって子どもの学習行動や意識は変わります。

※関連記事:塾はいつから通う?費用は?

【下記バナーは月額27,500円で「勉強しほうだい」「質問しほうだい」のオンライン自習室・個別指導のPRです。自主的に勉強を進めたい中学生におすすめです。】

(オンライン)家庭教師を活用する

  • 塾に通うほどではない
  • 通える範囲内に良い塾がない
  • わからないところだけピンポイントに対策したい
  • プロ講師に教わりたい

こういうときは、家庭教師が便利です。特に受験直前期に家庭教師を活用する方が多くなります。

また、最近ではオンライン家庭教師の優位性がかなり際立ってきています。

普段は塾や予備校で教えている指導者がプロ家庭教師として活躍しています。オンラインなので、移動圏外に住んでいる人がちょっと空いた時間に授業をしています。

トップクラスの実績を持つプロ講師に教われば、1人であれこれ工夫するより5倍10倍早く、的確にポイントを押さえた学習ができます。

特に社会はプロと学生で指導力に大きな差が表れる科目です。「暗記科目」だと思うと興味がわきにくいかもしれませんが、プロが教えると興味を持つようになって楽しく勉強できるようになることがよくあります。

【下記リンクはプロ講師による個別指導と、LINEなどで勉強方法の指導やスケジューリングもしてくれる「みんなの塾」のPRです。月17,800円から受講できるので、敷居は高くありません。】

みんなの塾

※関連記事:プロ家庭教師と学生家庭教師の違い

自分に合う学習スタイルを知ろう

自学習、通信教育、塾、オンライン家庭教師などさまざまな学習スタイルがあります。「どれが1番良い」というのはなく、自分に合っているかどうかが最大のポイントです。

  • 自身のスケジュールに合うか
  • 自身の学力に合っているか
  • 分からないときに解決できるか

これらの視点で選んでみましょう。自分の希望する学習スタイルがすでにある人はそのスタイルのなかで特に良さそうなものを選びましょう。塾が合う人なら塾への移動時間や自習室、責任者との相性など。

自分に合う学習スタイルを探したい人なら、まずはZ会などの通信教育かスタディサプリを試してみてはいかがでしょうか。自宅で受けられますし学習ペースや学習内容を自分で調整できます。

そのスタイルが合えばそのまま続けてみて、合わなければ「自分の学習スタイルに足りないもの」が見えてきます。それをオンライン家庭教師や塾で補うようにしてみるのがおすすめです。

まとめ

トップ高を目指している方にはZ会がおすすめです。下記のZ会PRリンクから資料請求ができます。】

中学生のためのZ会

中学地理の「日本の産業」の範囲で、定期テストによく出てくる問題を一問一答形式でまとめました。

「工業地帯と工業地域」「生産額の多い農産物」「発電の種類(バイオマスなど)」「日本の通信・貿易」など、定期テストで覚えるべき問題54問です。

定期テスト対策や高校入試対策にご活用ください。

※関連記事:社会の定期テストの勉強法
※関連記事:高校入試によく出る問題の一問一答
※関連記事:高校入試によく出る問題の記述問題
※関連記事:高校受験社会の対策方法

地理:
【世界のすがた】
【日本のすがた】
【世界の地形・環境】
【アジア州】
【ヨーロッパ】
【アフリカ】
【北アメリカ】
【南アメリカ】
【オセアニア】
【身近な地域】
【日本の自然環境】
【日本の産業】
【人口からみる日本】

歴史:
【古代文明と宗教のはじまり】
【日本の成り立ち】
【飛鳥時代・奈良時代】
【鎌倉時代】
【室町時代】

コメント

タイトルとURLをコピーしました